« 埼スタ到着 | トップページ | 第26節 C大阪戦(10/16@埼スタ) »

2010年10月16日 (土)

速報C大阪戦

ここのところ敗戦が無い浦和ですが、それは上位との対戦が無いこともある。久しぶりの上位、リーグ3位のC大阪との対戦。前回はアド、家永が欠場、香川か抜けてからの方がバランス良くなったと感じさせるチームです。
浦和は代表召集組が戻ってくるとはいえ、怪我人が多く、いかに今の面子で戦って行くか、調子の良さをキープ出来るぎポイント。
スタメンは
FWーエジ、達也
MFー峻希、原口、柏木、細貝
DFー平川、坪井、暢久、サヌ
GKー山岸
サブは大谷、宇賀神、堀之内、濱田、啓太、梅崎、高崎。細貝、サヌの代表組は復帰、ポンテ欠場、峻希はスタメン、宇賀神がベンチ復帰。主審、扇谷。
前半、達也、原口が積極的に仕掛けていく。柏木、細貝の縦パスもきいており、全体的に浦和ペース。C大阪は、乾が不調の様子でミスが多い。乾は運動量あり、そのスペースをつかれたら怖い。
浦和は、峻希の頑張りから→原口→PA内の達也へ、達也が流したボールをエジがゴール。相手DFを崩しきった見事なゴールでした。その後、達也が接触プレーで負傷交代、高崎が入る。とたんにリズムが悪くなる。高崎は前線でボールキープ出来ず、相手にボールを奪われ攻撃の終着点。C大阪の攻め手が家永の個人プレー頼み、終了間際の危ないCKもゴールポストに救われる。
後半、C大阪も攻めに出る、乾も左からのカットイン、家永のドリブル、しかし、攻めの厚みが単発なのが致命傷。浦和も柏木を軸に右サイドから攻めるが、後一歩ゴールに届かず。追加点は原口得意な左からのカットインから見事なミドルを決める。
結局、攻撃自慢のC大阪に攻撃のかたちを全く作らせなかった。特に暢久の落ち着いたプレー振りが素晴らしかった。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第26節 C大阪戦(10/16@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報C大阪戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第26節 C大阪戦(10/16@埼スタ) »