« 埼スタ到着 | トップページ | 第25節 大宮戦(10/2@埼スタ) »

2010年10月 2日 (土)

速報大宮戦

秋晴れの埼スタ、13時の日差しは夏と変わりない。選手のやり繰りが厳しいなか、先週までの良い流れを継続出来るかがポイント。
スタメンは
FWーエジ、高崎
MFー達也、原口、柏木、細貝
DFー平川、坪井、暢久、サヌ
GKー山岸
サブは大谷、永田、林、堀之内、濱田、梅崎、矢島。セル、スビラの故障、ポンテの出場停止で選手のやりくりは大変。梅崎、矢島がメンバー入り。主審、松村。
前半、浦和は大宮のプレスに柏木、細貝がなかなか前を向いてボールを持てない。しかし、エジ、高崎がサイドに流れることによって、サイドで数的優位を作る。右サイドからの崩しでこぼれたボールをフリーの高崎が落ち着いてヘッドを決める。
大宮のプレスはきついが、大宮のミスにつけ込んだ混戦からのこぼれ球を柏木が鮮やかなミドルを決める。
相手のラファエル、なべやかんには仕事らしい仕事をさせず。しかし、ラファエルへの対応をサヌが誤り1点返される。
後半、立ち上がり細貝がボールカットからワンツーで抜け出したが、ワントラップをミスしてビッグチャンスを逃す。達也の惜しいヘッドなどあり。しかし、徐々に足が止まりだし。攻撃にもみるもの無くなる。
その後は一進一退の展開で、あわやのミドル撃たれ、ルーズボールも拾えなくなるが、慌てることなく対応。交代枠も3枠しっかり使いきり、時間も使い、4分のロスタイムも危なげなく逃げ切る。
内容的には竜頭蛇尾でしょっぱい試合だったが、メンバーがいない中、確実に勝ち点3を取ることは重要。しかし、ファールを取らない主審も主審だが、大宮のラフプレーは頂けない。まあ、ジャンピング・ニーパッドが無かっただけ良しとしないといけないか。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第25節 大宮戦(10/2@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第25節 大宮戦(10/2@埼スタ) »