« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | 第24節 新潟戦(9/25@埼スタ) »

2010年9月25日 (土)

速報新潟戦

勝てる試合を勝てなかった清水戦、しかしゴールを狙う意識にはかなりポジティブになってきている。怪我の復帰もあり、先行きには非常に期待感あります。
スタメンは
FWーエジ、達也、原口
MFーポンテ、柏木、細貝DFー平川、スビラ、暢久、サヌ
GKー山岸
サブは加藤、岡本、坪井、堀之内、濱田、高崎、セル。故障のセルが復帰、峻希、宇賀神ベンチ外に。主審、木村。
前半、浦和がペースを掴む。ゴール前に走りこんだ原口に新潟DFは引き倒したかに見えたが、なぜだかノーファールの判定。浦和は清水戦の良い流れを引き継ぎ、新潟ゴールに迫る。達也、原口の動きが目につく。
DFに安定感をもたらしたスビラが負傷退場。新潟はチョーヨンチョルにボールが渡ると厄介。ハーフライン辺りで大島が受けたボールを単独ドリブル突破し、あわやの場面を作られる。
浦和は左サイドから細かくボールをつなぎ、ボンテ→エジ→柏木とつないで、柏木がサイドネットに突き刺さる見事なミドルを決めて浦和が先制。
後半、新潟はチョーヨンチョルを浦和の左サイドに張らせて、サヌとマッチアップの体制、二人のマッチアップは面白いが、フィンケは岡本投入し、平川を左サイドにまわす。結局、これが当たり、チョーヨンチョルに段々とボールが回らなくなる。
浦和も達也がゴールにせまるが後一歩届かない。達也の切れが悪いのか?しかし、あれだけ守備をやればいたしかたないか。
ボンテ→セル、これもゲームプラン通りと思います。セルの投入により、勢いを取り戻したか、達也の右サイド突破から、岡本がボールを拾い粘ったボールをセルがゴール。原口も、サイドからのカットインにこだわらず、思い切りの良いプレーを披露してくれた。一時のスランプは脱出した感じがした。
スビラの負傷退場は気になるところだが、暢久、坪井のCBコンビは安心してみていられた。確実にチーム状態は上がっていると思います。
今日の主審お粗末でした。ラインズマンのオフサイドに2度気づかず、PKも3度見逃し?

|

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | 第24節 新潟戦(9/25@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 暑さ寒さも彼岸まで | トップページ | 第24節 新潟戦(9/25@埼スタ) »