« ACL準々決勝① | トップページ | 旅に出ます① »

2010年9月18日 (土)

速報清水戦

久しぶりの瓦斯戦の感奮勝ちから、上位の清水との一戦。怪我人多くベストメンバーが組めないが若手に期待するところ。
スタメンは
FWーエジ、峻希、原口
MFーポンテ、柏木、細貝
DFー岡本、スビラ、暢久、サヌ
GKー山岸
サブは加藤、永田、林、坪井、堀之内、濱田、高崎。故障の平川に代わって岡本を抜擢。主審、佐藤。
前半、浦和のペース、原口の積極的なプレーが目につく。サイドから中にドリブル仕掛けるだけでなく盛んにボールを引き出そうという動きをする。
浦和はカウンターからポンテ→エジで、サイドネットにシュート突き刺す。全く同じようなかたちからエジの惜しいシュートあり。また、原口の頑張から最後はポンテのシュートあり。また、原口はDFの裏に抜け出して、GKと1vs1になるが、このビッグチャンスをきめられず。
前半終盤にサイドを藤本につかれスビラがおびき出され、岡崎に決められる。清水のチャンスはこの一回こっきり。内容でも浦和が圧倒した。
後半、ポンテに代わり達也投入、前半良かった原口がこれで消えてしまう。相変わらず浦和ペース。エジのフリーのヘッドは決めて欲しかった。
岡本負傷で堀之内投入、細貝がサイドへ、細貝良く走ったぞ。原口→高崎で打開をはかるが効果的でない。
清水の攻めはヨンセンにスビラが誘い出され、暢久とSBの間に入ったときくらい。枝村にクロスバー直撃のヘッドを撃たれがピンチは、これくらい。内容でも圧倒的に浦和だった。引き分けにしておくにはもったいない内容だった。

|

« ACL準々決勝① | トップページ | 旅に出ます① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« ACL準々決勝① | トップページ | 旅に出ます① »