« 第24節 新潟戦(9/25@埼スタ) | トップページ | 武富士破綻に思う »

2010年9月27日 (月)

審判もう少し良く見て!

土曜日のJリーグの審判への批判が結構出ている。
まずは、大宮vs瓦斯戦の飯田淳平、完全にゴールを割っている、大宮ラファエルのシュートをノーゴールと判定。まあ、あの角度でのシュートでGKが即反応すると見難いのはたしかで、事実W杯でも同じシーンはあったのですが、良く見なくてはいけないシーンですね。
次は、G大阪vs川崎戦の高山啓義、中澤のヘッドの前に奴はGKにひじ打ちを食らわせている。あの態勢でGKがフィールドプレイヤーに競り負けるわけがない。あの前にひじ打ちをGKに食らわせている中澤に問題あり。奴はおとなしげな顔をして汚いプレーはおそらく現在JのNO1だろうね。あんな奴をレギュラー起用しているチームにも?を感じる。(事実、川崎GKはこのプレイで卓球ボール大のこぶを作ったとか)
そして真打、浦和vs新潟の木村博之、初めての埼スタでの裁きに舞いあがってしまい、線審からのオフサイドに気がつかないこと2回、2回の見逃しは今まで経験ないな。そして、PK見逃し、原口へ2回、エジへ1回PKに値するファールはあったと思います。また、選手のパスコースに立ち、浦和のパスを見事に消してくれまし、判定に一貫性が無い。
 さすがに、激情型のあほな審判は減って来ているが、こんなに誤審あるいは見ていておかしいと感じる判定がでるのはいかがなものか?

|

« 第24節 新潟戦(9/25@埼スタ) | トップページ | 武富士破綻に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 審判もう少し良く見て!:

« 第24節 新潟戦(9/25@埼スタ) | トップページ | 武富士破綻に思う »