« 駒場到着 | トップページ | 天皇杯② 東京国際大戦(9/5@駒場) »

2010年9月 5日 (日)

速報東京国際大戦

代表戦に挟まれるように地味に開催される天皇杯2回戦、天皇杯との相性は最悪です。去年は松本で衝撃の敗戦、決して油断してはなりません。
スタメンは
FWーエジ、セル、原口
MFーポンテ、柏木、浜田
DFー平川、坪井、暢久、峻希
GKー山岸
サブは大谷、永田、林、矢島、高崎。細貝、サヌ、スビラは代表で、宇賀神、堀之内、啓太、達也は怪我で欠場。ベンチ入りはユースから矢島を入れても一人足りない。相手は大学生、この暑さにもへばりにくい事を頭に入れておく必要あり。主審、柏原。
前半、立ち上がりポンテのシュートの跳ね返りをポンテが決めて先制。早い時間帯の先制に気が抜けたか、その後は引いた相手に対してミスが多い。柏木がボールを引き出そうとしている。濱田はミスが多く、前に行き過ぎの感じがする。原口は積極的に自分から仕掛ける、このレベルなら通用するか。
2点目は、ジョージの平川の回りの空気を読んだかのようなPK。ポンテがきっちりと決める。さらに、カウンターからエジのリターンを受けたセルが決めて3点目。前半終了間際に、ポンテのスーパーポレーが決まって4点目。
  後半、ゴール前混戦から原口が決める。国際大は足が止まり、セカンドポールが拾えなくなり、浦和のペース。セルが痛んだか高崎に交代。峻希、柏木で右サイドを崩し、柏木のクロスを高崎ヘッド決めて6点目。
ポンテ→林、平川→永田と交代。このレベルの相手だと、浦和のパス回しは冴えてくる。きれいなバス回しからチャンスは作るものの得点及ばず。最後は原口が決めて試合終了。
試合終了後に、阿部ちゃん登場。最後にサボに別れの場内一周、律儀な阿部ちゃんらしく、いつ終わるか分からないくらいの場内一周だった。

|

« 駒場到着 | トップページ | 天皇杯② 東京国際大戦(9/5@駒場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報東京国際大戦:

« 駒場到着 | トップページ | 天皇杯② 東京国際大戦(9/5@駒場) »