« 速報東京国際大戦 | トップページ | 適性人員 »

2010年9月 6日 (月)

天皇杯② 東京国際大戦(9/5@駒場)

P1030897 代表戦に挟まれるように地味に開催される天皇杯2回戦、天皇杯との相性は最悪です。去年は松本で衝撃の敗戦、決して油断してはなりません。ましてや、前田秀樹率いる学生相手で、イメージとしては悪いものしか湧きあがって来ません。欠場者続出ということも、さらにそこに追い打ちをかける事になっています。

P1030909 スタメンは
-----エジ------
-原口--ポンテ--セル-
---柏木---濱田---
平川--暢久-坪井--平川
------山岸-----
控えは大谷、林、矢島、高崎。主審はなんとジョージ。

P1030912 前半、残暑の残るというか酷暑の17:00のキックオフ、そしてBSでの生中継、おまけに主審がジョージときたら去年の二の舞を期待されているかのような客観情勢での試合、相手が大学生だけにやたらと元気にむかってこられると嫌だなということなのでしたが、相手は2日前の炎天下に1回戦をこなしているのでコンデションの不良は明らかでした。前半終了前には、明らかに足は止まってしまった印象がありました。しかし、この悪意に満ちた演出者の思い通りにならなかったことが良かったですね。
 浦和を楽にしてくれたのが、開始5分での先制点。柏木のスルーから裏に抜けたポンテのシュートにエジが詰めて先制。東京国際大はその後は積極的にボールにいって、なかなか浦和にチャンスを掴ませませんでしたが、やはり中1日でコンデション不足はあきらか、おまけにセカンドボールが拾えなくなり、足が止まりだす。浦和は原口が積極的な仕掛けからPAで2度ほど倒されたが、ジョージの笛は無し。しかし、平川の飛び込みに対してジョージはPKの判定で、ポンテが決めて2点目。3点目はDFの裏に出たエジ→セルにきれいなカウンターが決まり、セルが左足で落ち着いて決めて3点目、前半終了間際にはCKからのこぼれ球をポンテでスーパーボレーを決めて4点目。4-0となり、相手も元気なくなり、普段は試合の出れない選手の投入もしやすくなる。
 後半、立ち上がりPA内でセル→ポンテ→エジ→原口と細かく繋いで、最後は原口が落ち着いて決める。ここで、セルが故障のようで高崎の交代、せるはどうも調子が上がってくると自爆気味に故障してしまう。おおきない怪我であることを祈る。またポンテに代えて林投入。ポンテがいなくなると、柏木の王様ぶりというか中心となりボールにふれる機会が多くなる。右サイドでDFの裏に抜けた柏木から高崎へのクロス、高崎がダイビングヘッドを決めて6-0、最後は柏木→暢久→右サイドからエリア内へ柏木突進→こぼれ玉に詰めて原口が決める。
 不調といわれた原口が積極的に動いて2点をあげたのが大きな収穫だったのでしょうか。サイドに張り付いて、ボールを受け中に切れ込んでいくパターンは読まれていますから、何か違う動きをしなければいけないし、その動きの中でゴールにむかう姿勢をみせないと、そう香川のような動きですよね、それを原口には期待したい。
 細貝に代わってボランチに起用された濱田ですが、CBの練習をしている機会が多いへどもともとはボランチの選手、堀之内の起用が予想されたが、堀之内の怪我で濱田がスタメンとなった。 柏木とのコンビなのですが、柏木をフォローして守り主体かと思ったのですが、2人一緒に前へ前へといってしまうのには閉口した。今日の相手が前半でP1030918_2足が止まって攻めてこないという判断のもとなのでしょうが、状況判断からすると、まあこれで良いのか。
 高崎も、結果は1ゴール1アシストということなのですが、ゴール前でDFの裏をさかんに動いていましたが、しかしエジと比較すると前目からの相手のチェック、ボールをためるポストプレーなどまだまだ見劣りはしますね。ただこういう試合でも結果を出すことは重要です。
 林も、GKと1対1となったP1030920場面ではきっちりと決めてもらいたかったですね。永田も簡単に抜かれてしまう場面があり、へろへろの大学生相手ということを考えれば合格点を当たられる動きではありませんでした。
 まあ、何はともあれ2年ぶりの天皇杯の初戦は突破出来たことは非常に喜ばしいことでした。しかし、負傷交代したセルの故障が以外と重たいようなの気になります。

浦和レッドダイヤモンズ7-0(前半4-0)東京国際大学
得点者:5分エジミウソン、30(PK)・45+1分ポンテ、39分セルヒオ、48・88分原口、72分高崎
入場者数:9,701人

試合後には阿部ちゃんが駒場へ登場、イングランドへ旅立ちへの別れを別れをしてくれました。律儀な阿部ちゃんらしく駒場の場内をフェンス際に沿って1周してくれました。マイク・パフォーマンスもなし、駒場でのお別れ、いかにも阿部ちゃんにあっていたような・・・・・

P1030951P1030938 

|

« 速報東京国際大戦 | トップページ | 適性人員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯② 東京国際大戦(9/5@駒場):

« 速報東京国際大戦 | トップページ | 適性人員 »