« 第21節 鹿島戦(8/28@埼スタ) | トップページ | 代表監督にザッケローニ決定 »

2010年8月30日 (月)

降格昇格争い

Jリーグも残りが約3分の1となり、降格昇格争いの行くえもぼちぼちと話題となってきました。
J1では、京都と湘南の降格はほぼ鉄板というような感じですね。戦績もさることながら、ここ数試合の内容も芳しくなく、非常に厳しい状況に追い込まれている。注目されるのが、残り1枠。ここに勝ち点21で、大宮、瓦斯、神戸、仙台が並んでいる。大宮な開幕時は良いスタートが切れたかと思ったが、いつのまにか指定席に戻ってきているのは思わず笑ってしまいました。
瓦斯かこのポジションにいるのも興味深い。瓦斯は何で勝てなくなってしまった?天皇杯をはさんで、浦和の次節の対戦相手は瓦斯です。調子悪い相手は容赦なく叩いておく、これは鉄則です。
仙台、神戸はやはり遠征の楽しみという観点からすれば、残っておきたいチームです。浦和も勝ち点は28なので安全圏とは言い切れませんので、瓦斯を叩いておけば効果はある。
J2は、柏は首位を独走中で昇格はまず間違いの無いところ。甲府、千葉、福岡と続いている。甲府は、なんでもハーフナーマイクが凄いらしい。彼が得点するとチームは負けないらしい。電柱系では平山より、代表に近いという噂も聞く。しかし、対象になってくるとプレッシャーもかかる。早く、抜け出すことが重要だ。

|

« 第21節 鹿島戦(8/28@埼スタ) | トップページ | 代表監督にザッケローニ決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降格昇格争い:

« 第21節 鹿島戦(8/28@埼スタ) | トップページ | 代表監督にザッケローニ決定 »