« 岡田ジャパン考(2) | トップページ | ドイツ強し »

2010年7月 3日 (土)

ブラジル敗れる

ここまでは今大会の大本命と見られていたブラジルが、オランダに逆転負けを喫した。
開始早々から攻め立てるブラジル、10分にフェリペメロから長い縦パスを送る。オランダの最終ラインはその1本の縦パスで崩された。飛び出してフリーで受けたロビーニョがダイレクトで蹴りこんだ。オランダのCBのオーイヤーは今日が初出場、ラインの乱れを見逃さなかった。
前半はその後はブラジルの一方的なペース、オランダは組織的な攻めが出来ず、スナイデルに全くと言っていいほどボールが収まらない。ロッベンの単騎攻めだけ。これに対してブラジルは細かくパスをつないで、流れるようなボール回しそれを前にオランダの選手の動きが重い。コンディションの差は明白でした。ここでブラジルが追加点が奪えれば、勝負ありだったでしょう。ここが勝負のあやでしたね。
後半、オランダはスナイデルにボールを集め、ロッベン、カイトを走らせる。右サイドからのクロスを、ブラジルDFとGKがかぶり、オウンゴールで同点、更にはスナイデルのミドルで逆転。これでブラジルは慌ててしまいましたね。まだ時間があるのに、バランスを崩して攻めの圧力をかける。なかなか、上手くあかずにフェリペメロがおろかにめ相手を踏み付け一発レッドで退場。これでブラジルの勝ちは無くなった瞬間でした。
試合は荒れ模様でしたか西村レフェリーは冷静に試合を裁きました。日本人レフェリーの質の高さを示した?
結局、試合はこのまま終了、ブラジルは無念の敗退。両チームね戦いはいかにも早かった。

|

« 岡田ジャパン考(2) | トップページ | ドイツ強し »

コメント

戦犯は退場&オウンゴールにも絡んだフェリペ・メロかと思ってたら、ドゥンガ監督もブラジルでは批判の的みたいですね。
相手がオランダでは、どんな有能な監督でも数的不利を埋めるなんて、無理だと思いますけどね。
ブラジルは1人少ない割には試合を壊さずに最後までよくやったと思います。

あまり期待してなかったんですが、ウルグアイvsガーナは最後まで手に汗握る試合でした。
PK戦濃厚と思われたロスタイム、ガーナ最後のセットプレーでウルグアイのFWスアレスがPA内でハンドをおかし、レッドカード&PK。
PKが決まった同時にガーナの勝利で試合終了かと思いきや、このPKをギャンが外してPK戦突入。
ガーナは3人目と4人目が止められてしまい負けてしまいましたが、1人目のキッカーがギャンでこれを決めるところもドラマチックでした。

投稿: kobatake | 2010年7月 4日 (日) 02:50

ギャンがPKを外した時、TVにうつったスアレスのガッツポーズはいただけない。あういうプレーはゴールを認めても良いような気がします。

投稿: ホイチョイ | 2010年7月 4日 (日) 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル敗れる:

« 岡田ジャパン考(2) | トップページ | ドイツ強し »