« 高原移籍へ? | トップページ | W杯決勝戦 »

2010年7月11日 (日)

W杯3位決定戦

 W杯3位決定戦はスカパー!でしかやっていなのですね。レコーダーのライン入力を外部入力に切り替えておくのを忘れまして、録画に失敗。朝8:00からの再放送を見たという次第でした。

 結果は、ドイツが3-2で勝利したわけですが、それなりに見所がありまして面白い1戦でした。ドイツは、クローゼ、ポドルスキーの主力が欠場しましたが、エジル、ミューラー、ボアテングらの活躍が目立ちましたね。それと、シュバイシュタイガーとケディラのボランチも効いていた。主力に若手が多いドイツは、今大会の爆発的な攻撃力といい今後はドイツ時代の到来を思わせるような、試合でした。
 試合は、シュバイシュタイガーの無回転シュートをGKがはじいたところを、ミューラーが詰めてドイツが先制。しかし、ウルグアイもシュバイシュタイガーから中盤でボールを奪い、スアレス→カバーニとつないで、今回のウルグアイらしい得点で同点に追いつく。
 後半に入っても、やや大味ながら攻め合いの展開が続く。ウルグアイは、右サイドのアレバロからの速いクロスに、フォルランがジャンプしながら右足のハーフボレーでたたき込み、リードを奪う。これはタイミングといい、シュートといいGK全く動けず、フォルランの個の力での得点でした。クロスまでは半ばやけなプレーでしたが、それをゴールに結びつけるフォルランの個の力は全く立派でした。それに対応するドイツの同点ゴールですが、こちらも右サイドからクロスからなのですが、クロスを上げたボアテング、そのクロスの精度の高さには参りました。ゴールを決めたヤンセンの頭に一直線、ゴールを決めたヤンセンが驚いていた?そんな感じのゴールでした。そして勝ち越しゴールはCKから。エジルのクロスから、混戦の中でフリードリヒが折り返したボールのこぼれ球をケディラがGKの頭上を抜いてヘディングで押し込み、勝ち越しに成功。それまで中盤でシュバイシュタイガーと頑張っていたケディラの前にボールが落ちてくる。ケディラはバラックの代わりの選手ですよね。何か運命的なものを感じるゴールでした。
 しかし、したたかウルグアイ、ロスタイムのラストプレーでゴール前の絶好の位置でFKを得る。蹴るのはフォルランで、フォルランのFKはクロスバーを叩いたところで試合終了でした。スペイン戦では、ドイツはスペインのパス回しに完全に圧倒されたわけですが、交代で入った選手も活躍し、ドイツは若い選手が多くてこれからが大変楽しみなチームですね。

 

|

« 高原移籍へ? | トップページ | W杯決勝戦 »

コメント

自分は相変わらずスカパーに入ってないんですが、無料で見れる海外サイトで生中継を見れました。
アクセスが集中したのか、途中で切れてしまい決勝点は見逃しましたが(^^;)

今回のワールドカップで、一番試合を面白くしてくれた選手はフォルランだと思いました。

投稿: kobatake | 2010年7月11日 (日) 20:33

エジルの風貌にだんだん貫禄出てきた。オベラーツとかぶるように感じる。

投稿: ホイチョイ | 2010年7月11日 (日) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯3位決定戦:

« 高原移籍へ? | トップページ | W杯決勝戦 »