« PSMの印象 | トップページ | W杯準決勝(2) »

2010年7月 7日 (水)

W杯準決勝(1)

W杯準決勝のオランダvsウルグアイは、得点の取り合いの末、3−2でオランダが競り勝った。
攻撃力のあるオランダが攻めにでれば、試合は活性化し得点が入り面白い試合になります。かたや、ウルグアイとすれば、守備を固めてオランダをジリジリとさせる展開に持っていければベストなのですが、オランダの攻撃力がそれを上回りました。ファンブロンクホォルストの左サイドからロングシュートが決まり、これでウルグアイのゲームプランは狂う。しかし、フォルランの見事なミドルで同点に追いつく。その後、オランダは決定的チャンスが何度かあったが決めきれず、ペースはウルグアイへ。オランダをジリジリとさせる展開に持っていく。ウルグアイはここでカウンターで得点を上げることが最高のバターンでしたが、スアレスの欠場が響きましたね。
やはり、オランダの攻撃力に屈する時がくる。PA内でボールを持ったスナイデルは迷いなく右足をふりぬくと、ウルグアイDFに当たり、更にはゴール前のファンペルシーをかすめるようにゴールイン、GKとしては対応しようがない得点でした。更に、左サイドのカイトからのクロスをロッベンがヘッドを決め、勝負あり、ウルグアイはロスタイムに1点返すが、それが精一杯でした。
オランダの攻撃力が見事に発揮された試合でした。ウルグアイもしたたかな試合運びを見せてくれましたが、オランダの方が一枚上手でした。

|

« PSMの印象 | トップページ | W杯準決勝(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯準決勝(1):

« PSMの印象 | トップページ | W杯準決勝(2) »