« ブラジル敗れる | トップページ | PSM草津戦 »

2010年7月 4日 (日)

ドイツ強し

 ドイツ、アルゼンチンを粉砕ということですかね。立ち上がりのミュラーの得点がすべてだったような気がします。アルゼンチンからすれば、失点した時間帯が早かっただけに、前半で追いつければまた展開も変わって来たでしょう。しかし、そこは試合巧者のドイツ、前のメッシ、テベス、イグアインに連携プレーをさせなかった。メッシには厳しくマークいって、仕事をさせなっかた。やはり、Cロナルドにしてもそうだが、メッシも過密日程の影響か、普段の実力が出せなった。
 後半に入ると、前への圧力を強めるアルゼンチンに対して、カウンターでいあなしてというか、最後はシュバイシュタイガーの左サイド突破という、個の力が絡み、また、エジル、ミュラーの若手の活躍、この1戦見る限り優勝候補NO.1に躍り出る?
 アルゼンチンの敗退で、マラドーナの姿が見れなくなるのは寂しい限りです。

|

« ブラジル敗れる | トップページ | PSM草津戦 »

コメント

ドイツは先制点を取ると強いですね。
相手の猛攻をしのぎ、焦って前掛かりになってきたところをカウンターで追加点。
スペイン戦も先制点がカギになりそうです。

スペインvsパラグアイ戦はこれもいい試合でした。
PKをカシージャスが止めて、これをカウンターで攻めて逆にPKをもらう。
これをシャビ・アロンソが難なく決めたと思ったら、蹴る直前に味方がPAに入ったということでやり直し。
今度はパラグアイのGKがこのPKを止める。
最後にビジャのゴールで勝ちますが、ペドロのシュートが左ポストを叩き、跳ね返りのビジャのシュートも右ポストを叩きライン上を転がり左ポストに当たってゴールラインを割るというゴールでした。

ここまでくると、駄目な試合は1試合もありませんね。

投稿: kobatake | 2010年7月 4日 (日) 14:36

ドイツの戦いぶりは王者の戦いぶりですね。こりゃ準決勝も目が離せない。;

投稿: ホイチョイ | 2010年7月 4日 (日) 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ強し:

« ブラジル敗れる | トップページ | PSM草津戦 »