« 代表パラグアイ戦 | トップページ | 岡田ジャパン考(2) »

2010年7月 1日 (木)

岡田ジャパン考

 2年半に及んだ岡田ジャパンのグレートジャーニーはパラグアイ戦が終着駅となった。岡田ジャパンの来し方を顧みながら日本サッカーの行く方向に思いを巡らせてみたい。
 目標のベスト4には届かなったが、日本の躍進は世界から驚きをもたらした。何故それが出来たか?W杯の戦いの中で、身の丈にあったスタイルで戦ったからだ。全軍に落ち着きを与えた阿部、ボールを前に運び続ける松井、1トップに抜擢された本田。監督が守備的な戦いを決意したのは、大会直前、やはり中村俊輔の不調という事が大きかったわけですが、その期待に応えて、抜擢された選手がしっかりと結果を出した選手によるところは大きい。
 これまでの身の上としてきたパスサッカーを放棄し、より現実的である守備的な戦いへと戦術を変更した瞬間であった。前線からしつこく追い回し、中盤にはスペースを与えず、中澤、闘莉王の裏のスペースは狙われないようにした徹底した戦い振り。しかし、その分攻めへの圧力は減り、数少ないチャンスをカウンターで攻める、攻めのバリエーションは限られた。セットプレーから2得点したデンマーク戦はその戦法が成功した。オランダ戦も最小失点での敗戦、これが結果的にはデンマークとの直接対決では吉と出る。守備的な戦いは成功した。
しかし、ベスト4、ベスト8を目指すには限界あることを露呈した。
 データからみれば、パスサッカーを放棄した日本は、パス成功率は出場チーム最下位の60%にとどまる。パス総数も1477本でトップのスペインの半分となった。しかし、1試合当たりファールを受けた数は23と1位、個人でも本田が一位。運動量でも上位につけた。選手が走った合計距離は9番目、そのうちボールを持っていない状態で走った距離は3番目。枠内シュート率もトップ。パスは繋がらなくても、相手ボールを追い回して、反則を受けつつも、少ないシュートを確実に枠に飛ばす。こんな姿が浮かび上がる。ステップアップのためには、走った距離とバスの本数が連動するようにすることだ。これはオシムが言っていた、考えながら走るということなんてしょうな。自ら試合の主導権をとれなければ、更なるステップアップは望めないということ。次の代表の進むべき方向は見えてきた。

|

« 代表パラグアイ戦 | トップページ | 岡田ジャパン考(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡田ジャパン考:

« 代表パラグアイ戦 | トップページ | 岡田ジャパン考(2) »