« 都築湘南へ移籍 | トップページ | 代表 オランダ戦 »

2010年6月19日 (土)

W杯 ドイツvsセルビア

 せっかくの好カードを審判の笛によって、少し残念というか、つまらないものへとなるような試合でした。この日の審判は立ち上がりが厳しめなレフリングでイエローが飛び交う。これは、退場者が出ると思っていたら、クローゼが後方からのタックルで2枚目イエローで前半で早々退場。ここのプレーをみると、やはりイエローなんでしょうが、試合の流れからすれば試合自体は荒れた感じはせず、何故あれゆえに厳しい笛をふくのか?へぼ審判というのは、やはり最初の基準に合わせて裁こうとして、後からのプレーに基準を代えていけばいいのに、辻褄あわせの笛を吹いて、試合をぶっ壊すというパターンになりますね。この日はその典型。「クローゼがクローズ」でしたっけ?早野のギャクは出ましたが、アナウンサー何か反応してやってください。
 でも、1人減ってドイツは動きが良くなる。退場直後に失点すたのは誤算だったろうが、その後のドイツの攻めは見ごたえあり。しかし、ポドルスキーが誤算でしたね。後半、いい感じで攻めながら、2連続で決定機をはずし、その後回ってきたPK、もう蹴る前から外すオーラがでていたような。完璧にGKにコースを読まれていました。ビデッチにしても何であれにハンドするかい、セルビアの選手には期待していたが、スタンコビッチ、グラフィッチもいまいちなんだよな~。
 ただ、ドイツのゲルマン魂も時間の経過とともに足が止まり、交代選手も機能しないでは発揮のしようがない。初戦大勝したドイツですが、安心は出来ない。イングランドはまたも引き分け、最終戦に全てを賭ける、フランスはもはや絶望的、難しい試合が多いというか、レベルの差は無くなってきており、大国でも楽勝という試合は少なくなってきている。

|

« 都築湘南へ移籍 | トップページ | 代表 オランダ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯 ドイツvsセルビア:

« 都築湘南へ移籍 | トップページ | 代表 オランダ戦 »