« W杯3日目 | トップページ | W杯6日目 »

2010年6月15日 (火)

W杯カメルーン戦

勝ってしまいましたね。ネガティブ・モード100%で大会に突入したわけですが、奇策とも思える本田の1トップ、しかし、その本田が点を取ったのだから、岡ちゃんの作戦勝ちでしたね。
FWー本田
MFー大久保、松井、遠藤、長谷部
アンカーー阿部
DFー長友、闘莉王、中澤、駒野
GKー川島
阿部をアンカーに入れ、長友はトイメンのエトーを常に視野に入れておく、守備重視の布陣でスタートしました。前半はお互いに様子見、じりじりとするような神経戦といった感じだったでしょうか。日本は落ち着いていました。やたら、前から可能性がないプレスかけたりせずに、後半勝負と見たのかむやみな消耗は避けているかのようでした。
しかし、そんな展開のなか前半の終盤に点を取れたのは大きかった。長友はエトー専任で上がって来ないから、日本の攻撃は右サイドからの攻めになる。その期待に松井が応えた。再三得意のドリブルでせめていたが、大きなフェイントでDFを外し左足でクロスを上げると、ファーの本田まで抜ける。本田のトラップは利き足の左にピタリ、後はインサイドで流し込むだけでした。
後半に入るとカメルーンは攻めにでる。ただし、エトーとウェボがポジション・チェンジをして日本DFを撹乱するとかしなかったから助かった。決定戦はカメルーンの方が多く、クロスバーに助けられた場面もあったが、今日の日本DF陣は集中していました。攻撃でも、それなりの見せ場はありました。
オランダvsデンマークは、オランダの力勝ち、日本としてはオランダには引き分け狙いの専守防衛で行く。大負けだけは絶対ダメ!そうすれば、予選突破の目も出てくる。W杯のアウェー初勝利は評価しなければいけませんね。

|

« W杯3日目 | トップページ | W杯6日目 »

コメント

カメルーンは予想以上にエトー頼みのダメダメな内容だったのに、その相手から1点しか取れなかったのは痛かった。
これで、予選突破の最低ラインが1勝1敗1分から1勝2分に上がったのは間違いないと思います。
はたして、デンマークにサッカーらしいサッカーをさせなかったオランダを抑えることが出来ますかね~。

オランダ×デンマークの試合を見ましたが、オランダの2点目の時のデンマークの3番。
あの途中で諦めた緩慢プレーは罰金ものですね。

投稿: kobatake | 2010年6月15日 (火) 09:16

素晴らしい勝利でした。見ていて楽しいサッカーではなかったですが、勝つための試合に徹していましたね!本田はよくやってました。大久保、松井と面白い組合せですが、狙い的中でしたね!四年前のオーストラリア戦を教訓にFWを投入しでましたが、矢野はあんな走れないなんて。
でもこの勝ちは大きいし、素晴らしい!

投稿: さいもん | 2010年6月15日 (火) 11:58

W杯アウェーでの勝利、あり意味歴史的勝利かもしれない。しかし、次の2戦に連敗したら意味はない。強い気持ち戦って欲しい。

投稿: ホイチョイ | 2010年6月15日 (火) 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯カメルーン戦:

« W杯3日目 | トップページ | W杯6日目 »