« リシアをトリミング | トップページ | W杯カメルーン戦 »

2010年6月14日 (月)

W杯3日目

スロベニアvsアルジェリア、とにかく地味な一戦。テレ朝も良くこんな地味な試合をゴールデンでやりましたね。試合内容も低調、ミスが多い。ハンドで交代選手が退場、ほぼ正面に飛んだミドルをGKが触ることなくゴール。非常にレベルの低い試合でした。ジタンの母国、オシムが絶賛しま国の対戦でしたが微妙でした。
ガーナvsセルビア、スタンコビッチ、ギャン、ヒディチなどビックネーム多いチーム同士の対決で見所ありました。ガーナが個人技だけでなく、チームとして攻撃を仕掛ける。守備もしっかりとブロックを形成しており、ガーナがアフリカで1番強いのでは?という印象。セルビアは体格に負かせて攻めにでるが、最後のパスの精度がない。結局、ハンドで得たPKをギャンが決めて、ガーナが勝利。
ドイツvs豪州、ドイツの大勝でしたね。アジア予選で失点わずか1点の豪州に対して、完璧な形で4得点、アジアと欧州のレベルの差を見せつけくれました。
いよいよ今日は日本が登場、日本にとっては今日の一戦がキーポイント、かてば次に繋がるが、負けたらおそかく今回さ終わり、興味をつなげるためにも頑張ってほしい。

|

« リシアをトリミング | トップページ | W杯カメルーン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯3日目:

« リシアをトリミング | トップページ | W杯カメルーン戦 »