« W杯開幕 | トップページ | リシアをトリミング »

2010年6月13日 (日)

W杯2日目

 なんらかんや言っても、W杯を見てしまいました。

韓国vsギリシャですが、韓国の完勝でしたね。体格差で圧倒するギリシャですが、選手の動きの内容と球際の厳しさで韓国の良さが出た一戦でした。ギリシャとしては、立ち上がりにセットプレーから失点したのが誤算。本来は堅守のチームが攻めに出ざるをえなくなる。しかし、攻撃は単調極まりなく、逆にカウンターから韓国にせめられる。前半、韓国にも絶好機を作られる。そして、後半立ち上がりにパクチソンがDFのトラップが大きくなったところをかっさらい、そのままゴールを決める。後はギリシャは前に出てこざるを得なくなるのですが、単純なボール放り込みでこれでは点を取れないわな。この、チームがFIFAランク13位というのは非常に疑問。

アルゼンチンvsナイジェリア、アルゼンチンは立ち上がりにCKから先制。その後も、メッシ、テベス、イグアインを中心に攻める。メッシはバイタルエリアで再三、前をむいてビッグチャンスをつかむが得点には至らず。メッシのプレーはさすがでしたが、周囲との連携となるとイマイチ。勝ち上がるにはチームとの連携を深める必要があるかと。一方、ナイジェリアは抜群の身体能力は持ち味なのですが、カヌがいたころから比較するとチーム力は衰えているような気がします。韓国は十分に予選突破が可能かと思います。

イングランドvsアメリカ、イングランドがた立ち上がりにジェラードの前線に飛び出す動きで先制。しかし、その後はアメリカのペースでポゼッションもアメリカ。特に左サイドからアメリカに崩される。カッペロは前半でライトフィリップを投入して、早目に手をうつ。しかし、アメリカのミドルをGKがミスして同点に。後半も、クラウチ投入するが得点あげられず引き分けに終わる。yはり、ジェラード、ランパートを並べるのはバランスがわるくなる。2人とも、2列目まら前線に飛び出すのが持ち味ですが、2人して飛び出してそのスペースを狙われるという展開が、今日もありました。本当に魅力的な2人ですが、どういう風に起用していくか、カッペロの采配も見ものです。ルーニーは非常に大人になったという印象、今日は得点あげられなかったが今後に期待が出来る。

|

« W杯開幕 | トップページ | リシアをトリミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯2日目:

« W杯開幕 | トップページ | リシアをトリミング »