« W杯 ウルグアイvs韓国 | トップページ | W杯ブラジル圧勝 »

2010年6月28日 (月)

W杯決勝トーナメント

 決勝トーナメントの、ドイツvsイングランド、アルゼンチンvsメキシコが行わた。いずれの試合ともに微妙な判定が、試合のあやとなった。
 決勝トーナメントの一回戦で当たるには非常に勿体ないし、お互いに絶対に負けたくないという意地をかけた試合となった、ドイツvsイングランドですが結果からすれば、ドイツの4−1の圧勝でした。イングランドにとってみれば悔いの残る試合たったでしょう。ドイツの先制点はGKのパントキックがDFの間に行き、一瞬出来たすきをクローゼは見逃さず、素早く反応してDFを振り切り、GKの鼻先をかすめるようにゴールを決めた。その後も右サイドで基点を作りミューラーが抜けだし、逆サイドから上がったポドルスキが決める。ここまでは完全にドイツのペースでしたが、イングランドも反撃し、ヘッドで1点返し、更にランバートのループ気味のシュートはクロスバーに当たり完全にゴールラインを越えていたが、ノーゴールの判定。これがこのゲームのあやでしたね。
 以後は攻めに圧力を増すイングランドに対して、ドイツがカウンターを仕掛け展開。ドイツはエジル、ミューラーの若手の活躍で2点追加して勝負あり。66年のハーストのゴールのお返しをされたという事ですか。
 アルゼンチンvsメキシコも微妙な判定が勝負のあやとなった。アルゼンチンの先制点は、テベスの位置は完全なオフサイド・ポジション。しかし、テベスは3点目に豪快なミドルを決めて面目を保った。
 いづれも微妙な判定でしたが、結局勝敗はいたって妥当なものでした。イングランドはランパート、ジェラードのl中盤は結局成り立たないことをまたも証明してしまった。何か、そういうことも含めてなないか、寂しくもあり、非常に人間的なものを見させてもらった。審判は人間、誤審はありうる。人生いろいろ、サッカーもいろいろ。これがサッカーということですね。

|

« W杯 ウルグアイvs韓国 | トップページ | W杯ブラジル圧勝 »

コメント

別にイングランドを応援してたわけじゃないですが、あのゴールがちゃんと認められていれば、あんなに前掛かりにもならず、ドイツにカウンターを食らうこともなかったような気がします。
先制ゴール、同点ゴール、逆転ゴールでああいう誤審をされてしまうとよほど実力が離れていない限り、確実に結果に影響してしまうので、もう勘弁してほしいです。
折角の好カードが台無しになりました。

投稿: kobatake | 2010年6月28日 (月) 16:31

ただ、ドイツのカウンターの威力が凄かったので、やはり結果は順当だったようなきがします。

投稿: ホイチョイ | 2010年6月30日 (水) 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯決勝トーナメント:

« W杯 ウルグアイvs韓国 | トップページ | W杯ブラジル圧勝 »