« 代表23人発表 | トップページ | ACL日本勢全滅! »

2010年5月12日 (水)

ACL、G大阪敗退

ACLの決勝トーナメント、1回戦が行われ、G大阪は城南一和に0−3で敗れた。もともと今季調子が上がらないG大阪ですが、アウェーの一発勝負ということで、守備重視ということで3バックでの立ち上がりとなった。
前半は城南に押しまくられなが、西野監督の思惑通り、0−0で前半を終えることとなった。勝負は後半ということで、いつもの4バックにして臨む。しかし、微妙な判定からPKを取られ失点、その後は点を取りに行きバランスを崩して連続失点、非常に後味悪い結果になってしまった。
最初の失点の場面ですが、タックルにいった明神の足はボールに行っているかに見えた。しかし、主審の判定は無情にもPK。どうも、アジアのレフェリーのレベルはどうなんだろうという感じです。Jリーグのレフェリーもひどいがアジアのレフェリーのレベルはそれに和をかけてという感じです。
判定に関しては余りどうこう言いたくはありません。人生いろいろ、これがサッカーということです。でも、割り切れない部分が、この日のG大阪の選手にはあると思います。後味の悪さが残った一戦でした。

|

« 代表23人発表 | トップページ | ACL日本勢全滅! »

コメント

韓国チーム絡みは希望として第3国でやってもらいたい。
日本チームなら日韓戦と変わらないわけですから、なおさらですね。
ガンバは山崎を放出したのに、外国人FWが計算通りに使えなかったのが痛かった。
反面、若い選手の活躍が目立つので、外国人とフィットすれば絡めばまた強くなりそうな気がします。

記事と関係ないですが、ファイサル退団。
1回くらいはリーグ戦で見てみたかった(TOT)

投稿: kobatake | 2010年5月12日 (水) 13:46

宇佐美なんかいい選手ですよね。原口は随分と差をつけられた気がする。

投稿: ホイチョイ | 2010年5月16日 (日) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL、G大阪敗退:

« 代表23人発表 | トップページ | ACL日本勢全滅! »