« 埼スタ到着 | トップページ | ナビ⑤ 清水戦(5/30@埼スタ) »

2010年5月30日 (日)

速報ナビ清水戦

 肌寒いくらいのなかでの今日の一戦。山形戦の敗戦でナビ予選突破には、清水・横浜とリーグ戦で敗退したチームに負けは許されない厳しい状況に追い込まれました。予選突破には1勝1分けが最低ラインでしょうか?
スタメンは
FWーエジ、達也
MFーポンテ、柏木、堀之内、細貝
DFー宇賀神、暢久、マシュー、サヌ
GKー加藤
 サブは山岸、堤、平川、啓太、セル、高崎、原口。暢久が復帰、坪井の怪我でマシューかスタメン、啓太に代わり堀之内スタメン。セルもベンチに復帰。主審は家本。伸二、永井がスタメン入り。
 前半、相変わらずの家本裁き、ほとほと困った奴とは思っていましたが、今日は殺意さえ覚えたぜ!流し気味なのは分かるが、怪我をさせるようなファールに対して笛を吹かないのは如何なものか。そして、帳尻合わせのKYな笛、本当にこいつは要らない。
 パス回しは、前線の急所をついていた。宇賀神のサイド突破からの細貝のミドル。セルの単独突破からのシュートと2度ポストに防がれる。圧倒的に浦和が攻めるが点を取れない。
 暢久、マシューのCBは落ち着いてプレーをしていた。暢久バックパスを加藤がそらしたが暢久のバックパスは基本通り、ゴールの枠を外していた(笑)。
 後半、立ち上がりは浦和のペースだったが時間の経過とともに足が止まりだす。サイドから攻めるが、精度が悪くゴールの臭いは感じない。堀之内→啓太だが何の意図があっての交代か。案の定、啓太はマーク役の原にマークを外され失点、今の啓太の立ち位置を如実に示すシーンでした。後は清水にゴール前を固められ、手も足もでない。
 ナビスコの予選突破は非常に苦しくなる。去年より早く劣化は始まったのか?達也の怪我が大事ない事を祈るのみ。

19:00 twitter情報だと、達也は骨折、捻挫ではないらしい。広報の発表では左膝の上部分に相手のスパイクが入って皮膚がえぐれてしまい、2針縫ったようです。本人は元気ですが、完治は不明です。詳細は検査後になるかと 。まずは一安心。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | ナビ⑤ 清水戦(5/30@埼スタ) »

コメント

リーグ戦と同じくあと少しというところで失点。
集中力が切れるんでしょうか?
こういう試合を最悪でもドローに持ち込めないのは痛すぎる。

投稿: kobatake | 2010年5月31日 (月) 00:50

決して内容は悪くないので、誰かが1点とれば流れは変わるかと。思いたいです。本当に。

投稿: ホイチョイ | 2010年6月 5日 (土) 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビ清水戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | ナビ⑤ 清水戦(5/30@埼スタ) »