« 明日は名古屋戦 | トップページ | 第10節 名古屋戦(5/5@埼スタ) »

2010年5月 5日 (水)

速報名古屋戦

GWの最後をかざる浦和vs名古屋、闘莉王は敵前逃亡で楽しみが一つ減った。名古屋は金崎、マギヌンも欠場で過去の相性の悪さを吹き飛ばして欲しい。しかし、夏場のような暑さは浦和には不利か。
スタメンは
FWーエジ、達也
MFーポンテ、柏木、阿部、細貝
DFー宇賀神、暢久、坪井、平川
GKー山岸
サブは加藤、堀之内、マシュー、啓太、サヌ、セル、原口。スタメンは細貝が復帰、サヌ・啓太はベンチ、セルがベンチに復帰、高原のベンチ落ちは時の流れを感じます。主審は扇谷。
前半、名古屋の3トップ、アレのアンカーはバランスが悪い。ただし、前の3人に気がするのか浦和のボール回しにも冴えがない。暢久のイージーミスから小川のGKと1vs1のシュートは相手ぬミスで逃れる。その後も名古屋の攻めに押され、CKの連続。CK崩れからアレにどんぴしゃりクロスをケネディに上げられあっさり失点。これは絶対に与えてはいけないパターンでした。
中盤には広大なスペースあるが、それを生かせず。阿部、細貝が攻めに絡めない展開が続く。達也が負傷で原口に交代。柏木中心にボールが集まり攻めの形が出てくる。原口のスルーからエジのシュートは止められ、前半終了。左サイドに張り付くアンカーという珍しいものを見た。
後半、原口の投入でボール回しが良くなった浦和が攻める。細貝→原口→柏木で同点。その後、相手DFのトラップを掻っ攫ったポンテでクロスを送り、原口がごっちゃんゴールで逆転。名古屋は選手交代でバランスの悪さを変えようとするが、ケネディへのパワープレーに頼るようなる。バランスは確かに良くなったかもしれないが、個の力は落ちる。両刃の剣ですな。
原口の動き出しの良さが目立つ。カウンターから追加点の場面もあったが、結局奪えない。それでも、マシュー投入で名古屋の高さに対抗、最後はクローザー堀之内投入でまんまと逃げ切りに成功。前半のバランス悪い名古屋にお付き合いしたようなところを、見事に後半に修正したきたのは進歩。

|

« 明日は名古屋戦 | トップページ | 第10節 名古屋戦(5/5@埼スタ) »

コメント

別に買ってないんですが、本当に浦和はtoto泣かせですね(^^;)
あっさり山田が競り負けて、先制点を食らった時はこのまま逃げ切られると思ってしまいました。
浦和は阿部と細貝がしっかりハマると機能しますね。

課題してはやはり最後の精度と高さでしょうね。
チャンスをしっかり決めて、3点目を取っていれば終了間際にあんなにあたふたすることもなかっただろうし、ケネディにいいボールが入った時は高さでことごとく負けてましたからね。
今日いなかったメンバーが復帰した名古屋とのアウェイ戦は今日のようにはいかない思います。

投稿: kobatake | 2010年5月 5日 (水) 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 明日は名古屋戦 | トップページ | 第10節 名古屋戦(5/5@埼スタ) »