« 明日は横浜戦 | トップページ | 第11節 横浜戦(5/8@埼スタ) »

2010年5月 8日 (土)

速報横浜戦

名古屋戦は内容では相手を上回り、結果もついて来た試合でした。今日もしっかりパスをつないで、動きでも相手を上回りたい。
スタメンは
FWーエジ、達也
MFーポンテ、柏木、阿部、細貝
DFー宇賀神、暢久、坪井、平川
GKー山岸
サブは加藤、堀之内、マシュー、啓太、サヌ、セル、原口。前節負傷退場した達也もスタメン。スタメン・サブとも前節変更無し。主審は高山。
前半、横浜はゴールへの意識が強い渡辺、山瀬の2トップ、立ち上がりバイタルエリアで前を向いた渡辺がシュート、出会い頭のようなシュートが決まり、先制される。横浜は狩野がゲームメーク、25番は使われる方で運動量もなく恐さはない。
浦和は小気味よいパス回しで横浜を圧倒。達也→ポンテ→柏木で完全に相手を崩し切り同点に追いつく。その後の10分くらいは素晴らしいパス回し。ポンテが起点となり、平川、宇賀神がいい感じでクロスを上げる。セットプレーで柏木、阿部のシュートはポスト、バーに嫌われる。達也のタイミングの良いミドルもクロスバー直撃。点を取れる時間帯に取らないのは痛かった。
横浜のGKからのキックに浦和DFは被ってしまい、あっさり失点。内容と結果が伴わない前半だった。
後半、細貝の左からのクロスでエジが同点に追いつく。ボールのポゼッションは圧倒的だったので勝ち越しは間もなくと思ったが、先に足が止まったのは浦和、山瀬のゴールライン際の粘りから、渡辺な勝ち越しゴールを奪われる。横浜の足元パワープレーというか、残念な失点でした。
結局その後、原口、セル、サヌと交代するがバランスを崩しただけで、前半のようなボール回しは出来なくなってしまった。前半の内容が良かっただけに、結果が伴わない敗戦になってしまった。

|

« 明日は横浜戦 | トップページ | 第11節 横浜戦(5/8@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜戦:

« 明日は横浜戦 | トップページ | 第11節 横浜戦(5/8@埼スタ) »