« 水温上昇 | トップページ | CL決勝戦 »

2010年5月22日 (土)

ナビ③ 湘南戦(5/22@平塚)

もやもやの仙台戦から1週間が経過、W杯の関係で阿部だけでなく、達也も出場できない様子。やっているサッカーに間違いはないと思います。選手たちは自信をもって今のサッカーを継続してほしい。相手の湘南はリーグ戦では勝利しているが決して油断にではいけない。予選突破には勝ち点3がほしいところ。

スタメンは
-----エジ------
-柏木--ポンテ--原口-
--堀之内---啓太---
サヌ-坪井-マシュー-平川
------加藤-----

 控えは山岸、宇賀神、堤、細貝、暢久、セル、高崎。マシューがセンバツ、暢久はベンチに復帰。啓太・堀之内のボランチは機能するのか。主審は松村。
 前半、湘南は田原、中村と攻めでは浦和にとって厄介な選手がベンチということもあり、DFラインを深くして守備重視といった様子。マシューも今日は前に上がっていき、前線へのいいフィードを見せてくれる。湘南は中盤からプレスをかけてくるわけでもなく、中盤で浦和が自然と優位になる。マシューのロング・フィードからダイレクトでつないでポンテが先制点を挙げる。楽勝を感じさせる展開となるが、今日の浦和のDFラインにも安定感を欠く。湘南のクロスにマークがずれて、左サイドにフリーの選手ができて、サヌが対応するがやすやすと同点弾を決められる。
 浦和の守備陣はいまいち、安定感を欠く、平川とマシューの間をつかれ、あわやの場面も作られる。サヌのSBは攻める局面だといいが、守るときにはちょときつい。守備の不安定さとあわすように、攻撃も精彩を欠く。堀之内、啓太ではやはり前への攻めが物足りない。お互いバランスはとってはいますが。いまいちのまま、前半終了。
 後半、原口→セルで局面の打開を図る。湘南も浦和のあまりな出来に攻めに出るようになるがこれは浦和にとってラッキーだったか。スローインからマシューが相手を振り切り挙げたクロスをエジがヘッドで決める。あとは、堀之内→細貝、サヌ→宇賀神といつもとは反対の選手交代でまんまと逃げきり。
 なにより、清水、横浜といった相手との対戦の前に、ナビスコ予選突破に重要な勝ち点3をとれたのは良かった。マシューの起用法には一応のメドが立ったような気がしました。しかし、加藤摩周って、同期にいたようなきがしたな。確か、摩周湖のそばの出身だったな。

News_5794_1_3

浦和レッズ2-1(前半1-1)ベルマーレ湘南
得点者:22分ポンテ、25分三平(湘南)、58分エジ
入場者数:12,332人 

 

|

« 水温上昇 | トップページ | CL決勝戦 »

コメント

やはり、まだ得点直後に失点してしまうところが気になりますね。
代表で選手を取られているとはいえ、大宮が名古屋を破ったのには驚きです。

投稿: kobatake | 2010年5月23日 (日) 18:16

スピラの出来はだんだん良くなってきていますね。ステップ・バイ・ステップです。

投稿: ホイチョイ | 2010年5月23日 (日) 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビ③ 湘南戦(5/22@平塚):

« 水温上昇 | トップページ | CL決勝戦 »