« 第5節 湘南戦(4/3@埼スタ) | トップページ | 引継 »

2010年4月 5日 (月)

鹿島敗北

Jリーグは第5節まで終了し、清水が勝ち点11で首位に立った。鹿島は、仙台に8年振りの白星を献上、今季初黒星で勝ち点10で首位の座からすべり落ちた。浦和は勝ち点10で4位だが、2位グループにつけており、まずまずのスタートが切れたのかなという印象です
鹿島は、開始20秒で失点、キックオフ直接の大きな展開、リャンヨンギのミドルシュートはクロスバーを直撃したが、フェルナンジーニョはこぼれ球を拾い憎らしいほど落ち着きシュート、すべての力を相手ゴールに向けて重ねた結果の先制点でした。
しかも、前半15分にマルキニョースが肘うちを相手DFに食らわして退場。ここでも、変に陣形をいじらずにいたのが勝利に繋がる。無謀な攻めはしなかった。後は攻めに出てくるところをつけばよいということで、攻撃陣はボールを奪った瞬間にすべてをかける。追加点はまさにこの通りに奪う。リードしている時の点の取り方としては最高の形で追加点が入る。相手の攻めを早めに絶つ守備と、意志統一された速攻といい、集中力の高さが際立つ。

かたやG大阪は厳しい戦いをしいられている。リーグ戦は勝利無し。調子の上がらない同士の戦いとなった磐田戦は打ち合いの末、3−4で敗戦、勝ち点3のまさかの17位。チーム事情もあるでしょうが、目指す方向が見えないのが原因のようだ。

|

« 第5節 湘南戦(4/3@埼スタ) | トップページ | 引継 »

コメント

やっと、そこそこの内容という試合だったんですが、順位は4位。
いかに周りが取りこぼしてるかがわかるような順位です。
鹿はマルキーニョス不在の影響が次節に出れば、御の字。
ただ、たぶん大迫が出てくるでしょうし、遠藤と言う新しい選手も出てきて活躍をしてるので、やはり鹿の選手層が厚い。
仙台の勢いは最後までは続かないとは思いますが、しっかり得点出来ているので、最後も中位ぐらいには残りそうな気がします。
G大阪も得点出来てるし、運がないだけのように思えます。
仙台戦も山口のハンドがなければ、逃げ切れていたでしょうし。
あれだけ開幕戦でいい試合をした大宮ですが、その開幕戦でラファエルを失い、その後は勝ち星無し。
かわいそうですが、今年も降格の最有力候補ですね。

投稿: kobatake | 2010年4月 5日 (月) 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島敗北:

« 第5節 湘南戦(4/3@埼スタ) | トップページ | 引継 »