« いざ埼スタへ! | トップページ | 第8節 磐田戦(4/24@埼スタ) »

2010年4月24日 (土)

速報磐田戦

4連勝で首位に立ったわけですが、GWの対戦を考えれば是非とも勝っておきたいところです。ここ数試合で見せた戦いが出来るかどうか。
スタメンは
FWーエジ、達也
MFーポンテ、柏木、阿部、細貝
DFーサヌ、暢久、坪井、平川
GKー山岸
サブは都築、堀之内、マシュー、啓太、宇賀神、高原、原口。スタメン川崎戦と変更無し。都築、宇賀神がベンチに復帰。主審はジャスティス。
前半、空席が目立つ微妙な中での立ち上がり、磐田は風上を選ぶ。磐田のプレスがきつく、阿部、細貝がなかなか前を向けない展開。浦和はポンテがボールを受けにきて、柏木は前線に飛び出してスペース作る。エジのポストプレーからサイドにボールを散らしてサイド攻撃するが、中の枚数が少ない。
磐田は前田が怖い。単純なロングボールから、前田経由で、イグノ、西に決定機作られる。また前田に抜け出す場面もありDFラインは不安定。イグノは手を使いすぎ。
浦和も盛んにポールを動かすが、チャンスらしいのはエジのシュートがクロスバーをたたいた場面くらい。磐田のプレスのせいか、達也の裏をつく動きが生かされない。
後半、浦和はボールを支配するが一瞬のすぎをつかれ、西にミドルをくらい失点。サイドから攻めるが中が薄い。特にニアに入ってくる選手がいない。
サヌ、柏木→宇賀神、高原の2枚替えし、サイドからの攻撃は厚みをまして、高原のボールキープも利いていたが決定的チャンスつかめず。惜しかったのは、FKからポストをたたいたエジのシュートくらい。達也→原口もイマイチ効果無し。最後は専守防衛となった磐田に対して、見せ場は作るがとうとうゴールは割れず。セットプレーから得点出来ないのは痛い。

|

« いざ埼スタへ! | トップページ | 第8節 磐田戦(4/24@埼スタ) »

コメント

懸念されていたことを早速やってしまいましたね。
折角、前節は1人勝ち状態だったんですどね・・・。
これで清水と名古屋のどっちかに勝っておかないと一気に中位に転落する可能性も出てきました。

セットプレーは柏木が入ったことで、直接ゴールという武器を手に入れましたが、闘がいなくなったことで、セットプレーからCBの高さを活かした得点が皆無になりました。
それなりに高さのあるエジとポジショニングのいい阿部ちゃんくらいしかしか望みが無いのでは、あまり怖さを感じない。
やっぱり高さはそれなりに欲しいですね。

投稿: kobatake | 2010年4月25日 (日) 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報磐田戦:

« いざ埼スタへ! | トップページ | 第8節 磐田戦(4/24@埼スタ) »