« 新潟遠征 | トップページ | 第5節 湘南戦(4/3@埼スタ) »

2010年4月 3日 (土)

速報湘南戦

ナビ磐田戦では新戦力が余りな結果を出してしまい、欠勤今日のスタメンに起用されたのは峻希のみ。ポンテのキープ力が際立ちました。
スタメンは
FWーエジ、達也
MFーポンテ、柏木、阿部、細貝
DFー宇賀神、暢久、坪井、峻希
GKー山岸
サブは加藤、堤、マシュー、堀之内、啓太、高崎、原口。スタメンは峻希へ、細貝が本来のボランチへ。暢久スタメンで、マシューはベンチ。主審は鍋島。
前半、磐田戦の後半の出来を引き継いだような内容。ボンテ、柏木が盛んにボールを引き出しにくる。二人がしっかりとボールをキープして出来たスペースに阿部、細貝が上がる。ポンテ、キープから阿部のフリーランニングからのシュート。今までにはないパターン。
更に両サイドも攻撃に絡みだす。ポンテ、柏木と阿部、細貝のポジション・チェンジからたびたびサイドがフリーになるパターンあるが、得点には結び付かず。2トップが有効に絡めば良いのだが…
カウンターから達也が抜け出して、PA内で切り替えしたところを倒されPK。ポンテが確実に決める。しかし、その後湘南に逆襲で危ない場面もあり、守備はイマイチ安定感に欠ける。全体に運動量は多い。
後半、出だしから浦和が湘南を圧倒峻希のクロスから阿部のヘッド、裏抜け出した達也のシュートが続くが、追加点が取れない。追加点は阿部のFKが相手に当たってゴールイン。
このゴールで勝負あり。細貝→啓太、達也→原口、峻希→堤と選手交代。エジ、原口が絶好機をつかむが追加点は上げられず。最後は尻切れトンボのように1点返されて試合終了。後半の途中までは虐殺ショーの予感あったが物足りなさ残る。ただし、内容的には一歩進歩したのは確かだ。

|

« 新潟遠征 | トップページ | 第5節 湘南戦(4/3@埼スタ) »

コメント

最後の1点は余計でしたが、自分が見た中では今シーズンで一番よかった試合だったと思います。
ゴール前で相手の攻撃を跳ね返した後のカウンター、2点目のFKのキッカケとなった阿部のドリブル等成長が少し見えました。
特に2点目の阿部のドリブルは、去年だったらパスに固執して横パスを出していたはず。
得点をした直後の大ピンチを迎える所や圧倒的に攻めてても、最後のシュートの精度が低いところ等相変わらずのところもありましたが、次節に期待出来る内容だったと思います。

投稿: kobatake | 2010年4月 4日 (日) 02:43

次節の出来が重要ですね。特に阿部と細貝の2人、この2人のプレーが鍵を握っていると思います。

投稿: ホイチョイ | 2010年4月 4日 (日) 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報湘南戦:

« 新潟遠征 | トップページ | 第5節 湘南戦(4/3@埼スタ) »