« 大宮監督交代 | トップページ | グリーンフォレスト・ヴィレッジに行って来ました »

2010年4月29日 (木)

ACL予選リーグ終了

 ACLの予選リーグが終了しました。結局、日本勢で決勝トーナメントに進出したのは、鹿島とG大阪の2チームとなりました。川崎は勝てば決勝トーナメント進出の北京国安戦に、主力の欠場が響いてか、2-0でいいところなく完敗。広島も、前半の3連敗が響いて予選敗退となる。
 鹿島は、6戦全勝という圧倒的強さで悠々首位で予選リーグを突破、G大阪は苦戦しながら勝負強さを見せながら、しかし最終戦に再開の河南建業に引き分けというつめの甘さを露呈し2位での通過となりました。
 国別では、日本2チーム、韓国4チーム、中国1チーム、豪州1チームとなった。去年、4チームがすべて決勝トーナメントに進んだのに比較すると、少しさびしい結果となりました。広島、川崎にすれば勝ちみが遅かったということでしょうか。

 決勝トーナメントの組み合わせですが、
5/11 水原三星(韓国・G組1位)-北京国安(中国・E組2位)
5/11 城南一和(韓国・E組1位)-G大阪(日本・G組2位)
5/11 アルシャバブ(サウジアラビア・C組1位)-エステガラル(イラン・A組2位)
5/11 アルガラファ(カタール・A組1位)-パフタコル(ウズベキスタン・C組2位)
5/12 アルヒラル(サウジアラビア・D組1位)-プニョドコル(ウズベキスタン・B組2位)
5/12 アデレード・ユナイテッド(豪州・H組1位)-全北現代(韓国・F組2位)
5/12 鹿島(日本・F組1位)-浦項(韓国・H組2位)
5/12 ゾバファン(イラン・B組1位)-メスカーマン(イラン・D組2位)

西アジアからは、サウジアラビア2チーム、イラン3チーム、ウズベク2チームにアルガラファとなり、ウズベクの2チームは常連というような感じになりましたね。でも、この日程はJリーグ勢には厳しい日程ですね。と思ったら、ACL出場の4チーム絡みの第11節の試合は7月14日に延期になっているのですね。

|

« 大宮監督交代 | トップページ | グリーンフォレスト・ヴィレッジに行って来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL予選リーグ終了:

« 大宮監督交代 | トップページ | グリーンフォレスト・ヴィレッジに行って来ました »