« GW遠征を考える | トップページ | 明日は磐田戦 »

2010年4月22日 (木)

暫定が取れました

Jリーグは、ACLの都合で延期されていた第4節の名古屋vs広島が行われた。勝てば首位に踊り出る可能性のあった名古屋でしたが、玉田、ケネディのFWの不在が響いてか、攻めれど得点を奪えず、終了間際に佐藤寿人にゴールを奪われ、1ー0で敗退し今シーズン2敗目をきっした。
これで、第7節までの日程を終了して、浦和は勝ち点16で暫定が外れ、正真正銘の首位にたちました。しかし、まだ長いシーズンの四分の一も終了しておらず、別に今の時期の順位に一喜一憂するつもりはありませんが、やはり正真正銘の首位とは気持ちが良いものです。
さて明後日は磐田戦、そしてGWの清水、名古屋と続く首位攻防戦へと繋がっていきます。息の抜けない戦いは続きます。しかし、去年、一昨年のようにわけの分からないうちに首位に立ってしまったことを考えれば、今年の戦い振りはフィンケ戦術に裏打ちされた戦い振りで安心して見ていられる。良い戦いをした後のポカは浦和の特徴なのですが、磐田戦は何故かそういう心配も無く安心して迎えられる、こういう感覚は今までには余り無かった事だ。

|

« GW遠征を考える | トップページ | 明日は磐田戦 »

コメント

川崎戦の勝利は実際の勝ち星の貯金だけではなく、精神的余裕という貯金も1得ました。
甘い事を言ってしまえば、「1回だけなら取りこぼしOK」ということです。
ただ、この貴重な貯金はリーグ終盤までとっておきたいところです。
そのためにも、磐田戦は絶対に落とせませんね。
前田には注意しておきたいところです。

投稿: kobatake | 2010年4月23日 (金) 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暫定が取れました:

« GW遠征を考える | トップページ | 明日は磐田戦 »