« ACL川崎寒敗! | トップページ | ホーム開幕戦 »

2010年3月11日 (木)

ACL日本勢苦戦

 ACL予選第2節の残り試合が行われ、日本勢はG大阪は引き分け、広島は終了間際に失点し敗北、日本勢には厳しい結果となった。
 G大阪は今シーズン公式戦4試合を終えて未勝利、相手を崩してのゴールがないのは、攻撃サッカーが身の上のG大阪としては悩む所だ。この日も足の止まった相手を攻めながらPKによる1点のみ。
 この日は、FWはチョジェジンとぺドロジュ二オールの2トップでしたがコンビネーションに難あり。FWはごり押し系で播戸、山崎ら裏を狙うFWがいなくなってしまったのは大きい。ルーカスはいいが、遠藤が目立たず、消えていた、過密日程の影響なのでしょう。
 やはり、カダイのいい河南に体力面でおされた影響か?G大阪はこれで2連続引き分け、時間が解決してくれる問題と、深まる問題と両方をはらんでいる。
 広島は、ACLの初勝ち点は後わずかなところでこぼれ落ちた。0−1と敗色濃厚だった終了間際、PA内を駆け上がる槙野が倒され、PKをストヤノフが落ち着いて決めた。しかし、ロスタイムにセットプレーから失点、前回王者のボファンからアウェーで引き分けという、最高のシナリオはすんでのところで崩れた。
 どうも、韓国勢のラフプレー、中国勢の体力勝負の前に日本勢は今のところ分が悪い。G大 阪、広島のバスサッカーは研究されているというか、レフェリーがなかなか笛を吹いてくれず、不利に働いている印象があります。それに比べると自分の戦い方を確立している鹿島は強い。武闘派の川崎が沈黙しているのも興味深い。

|

« ACL川崎寒敗! | トップページ | ホーム開幕戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL日本勢苦戦:

« ACL川崎寒敗! | トップページ | ホーム開幕戦 »