« 山形戦チケット | トップページ | ACL日本勢苦戦 »

2010年3月10日 (水)

ACL川崎寒敗!

 ACLの予選リーグ第2戦が行われ、日本勢は川崎、鹿島が登場した。川崎に生憎の雪による悪天候に滑ってしまった格好で北京国安に寒敗。それとは対照的な鹿島はKリーグ王者の全北現代に見事な試合運びで完勝した。
 川崎は雪に足を取られたかのように、北京国安に1ー3に敗れ、2連敗となり、予選突破には後が無くなった。もともと力ずくでゴリゴリと押してくるチームなので、この悪天候は川崎にとって有利かと思われたが、セカンドボールやルーズボールをものにした北京国安に軍配が上がった。
 ボールは止まり、足は滑り、DFには厳しい状況、ゴール前に持ち込まれると何が起こるか予想しがたい。川崎の最初の失点は、味方のキックの跳ね返りが絶好ねスルーパスとなって生まれたという不運はあったが、勝負を決めた後半の2失点は完全に力負け、スタメンの大半が180cm台の北京国安に体力負けした印象でした。
 鹿島は、全北現代に前半鮮やかなパス回しから失点、あんなパス回しをやれば、さすがの鹿島の守備網は崩れる!敵地で同じく前年Kリーグ王者の水原に、大量4失点をきっし敗れた、去年の悪夢がよぎったでしょう。
 だが同じ過ちは繰り返さない。我慢しながらの試合展開でしたが、あせらずじっくりと好機を待った。後半、相手のクリアを拾ったフェリッペガブリエルが左サイドへパス、中田が冷静に同点ゴールを決める。そして、試合を決めたのは、途中出場した若手の遠藤、終了間際に右サイドの小笠原から中央を猛然と走り込むながらバスを受け、右足を振り抜いた。公式戦初ゴールが劇的な決勝点になった。敵地での冷静な勝利、鹿島強し!の印象を受けました。

|

« 山形戦チケット | トップページ | ACL日本勢苦戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL川崎寒敗!:

« 山形戦チケット | トップページ | ACL日本勢苦戦 »