« 無事帰還しました! | トップページ | 山形に行ってきた! »

2010年3月23日 (火)

第3節 山形戦(3/21@NDソフトスタ)

P1030099 勝っておかねばならない1戦でしたね。強風のうえ、小雨舞い散るあいにくのコンデション、前半の出来は良かったのですが、後半は天候のためか集中力が切れた時間帯をつかれて同点。同点にされることを責めるより、追加点を取れなかったことにつきると思います。冬来りなば、春遠からじ。そんな印象を受けずにはいられませんでした。
P1030117 スタメンは、
---エジ--達也---
--柏木----ポンテ-
---啓太--阿部---
宇賀神-坪井-暢久-細貝
-----山岸-----
 サブは、大谷・岡本・マシュー・堀之内・セル・高原・原口。スタメンは故障の平川に変わり右サイドに細貝、ボランチに啓太が復帰、マシューはベンチから。主審は佐藤。
P1030120  前半、平川に変わり右SBは専門でない細貝が起用される。暢久を右サイドに戻し、マシューを先発させるという選択肢もあったと思いますが、移籍選手が思うように使えず、フィンケとしても非常に苦しいとこだと思います。啓太もスタメン復帰ですが、どうもボールに対する激しさが足りないというか、攻めに関してフィンケの戦術ですと、展開力がない啓太はなかなかついていけない印象で、そういう目で見てしまうと、守備に関しても往年のボールに対する厳しさ、危機を察知する動きとか、物足りなさはありました。今日の試合でも、展開力の無さをさらしてしまい、啓太にボールが回る、テンポ良く前にボールが出る展開が止まってしまう感じがしました。
 細貝は、やはり中に絞ってしまい気味で、そこにポンテが戻って来れないから、守備で右サイドから山形にアーリー気味にクロスを上げられる余裕を与えてしまっている印象でした。また、攻めに回っても、サイドに早目に開くように阿部からも盛んに指示を受けていました。
P1030125 山形は、ラインをコンパクトに保ち、浦和もDFラインが高かったから、前半はお互いにボールの潰しあいという様相を呈していました。しかし、エジにボールが渡るようになると段々と浦和にペースとなる。達也の放ったシュートに細貝が反応してこぼれ球をシュートするが、GKにはじかれCKとなる。このCKのボールの跳ね返りを細貝が左サイドで受けて、中でフリーのエジへ、エジがヘッドで鮮やかに決める。その後、浦和のペースとなるが、いい感じでパスはつながるが、なかなかシュートまでもっていけないいつものパターン。
 柏木はこの日はあまりボールが回ってこないので、見せ場は余りない。もうう少し柏木の使い方を徹底したらなと思うようなことがあります。柏木にボールを集めるか、はたまた、柏木の作るスペースを有効活用するか、その見きりが出来ていないように思います。だから、今日のように微妙な評価になってしまいます。達也も裏を狙うがなかなかボールが出てこないという印象がありました。
 後半、頭から達也→セルの交代、達也は怪我?でもしたのかというようなタイミングでの選手交代になってしまった。しかし、阿部の左足のシュート、ポンテからセルのヘッドなど立ち上がりは浦和ペースでした。しかし、自分の時間帯に点が取れないと・・・・山形のFKからのボールを宮沢に決められて同点。(スタではOGの発表があったような)山形はその後も、攻めの選手を投入して攻めの形を作る。田代はジャンプしての胸トラップとか、DFを2人弾き飛ばしての突破とか、らしいプレーをしていたが回りとのコンビネーションに欠ける。相方がチョロチョロ動き回る古橋なので、工夫すれば良くなつのではないでしょうか。今日はいなかったが長谷川とのツインタワーは機能しないような感じ。
 お互いに攻めに転じたため、攻め会いになりお互いに決定機はあったものの得点はあげられず。セルはボールはキープ出来るが、自分をおとりに使う動きなり、そうボールの ないところでもっと動いてスペースを作る動きをしなければいけない。左サイドに張って宇賀神の上がりを待って左サイドから攻略するという場面は何度かあったが、ボールのないところでもっと動いてくれ。それと、足元でボールをもらうのではなく、P1030132スペースに走り込んでボールを受けてほしい。
 啓太→高原でFWを2枚にしての攻撃。セルがサイドに張ってしまうから、エジは孤立気味になってしまうのですが、高原が入り事によって攻めは活性化する。ロスタイムに細貝 のクロスから阿部のダイビングヘッドはクロスバーをはたく。また直後の逆襲で山岸のナイスセーブで救われる。結局、1-1で試合終了。課題はまだまだ残していると思います。P1030141しかし、今日は高原の交代で攻めは活性化したし、後半の運動量の低下はそれほど感じなかった。(できれば1枚交代枠があるのだから、ポンテ→原口もありではなかったのか)やはり、ポンテの目指しているサッカーを展開するとなれば直輝が帰ってくるまでは辛抱なのでしょうか。

モンテディオ山形1-1(前半0-1)浦和レッズ
得点者:30分エジミウソン、58分宮沢(山形)
入場者数:19,021人
 

|

« 無事帰還しました! | トップページ | 山形に行ってきた! »

コメント

参戦お疲れ様でした。
自分もこの季節なら大丈夫だと思ってましたが、雪で大変だったみたいですね。

試合を見てないんでなんとも言えないんですが、相手が山形で相手の得点はオウンゴール(しかも先制は浦和)ともなれば、負けに等しい引き分けでしたね。
1、2戦を見る限り、どのチームにも楽勝はあり得ないとは思ってましたが、やはりこの辺のチームにはしっかり勝ち点3を取っておきたいところでした。
まだ3節ですが、早くも全勝のチームが無くなり今年も混戦になりそうですね(もしくは、2位以下の混戦で鹿の独走?これだけは避けたい)
今年も新しい選手が入ったとはいえ、昨年と違い結果が重視されるシーズン。
いい加減、多少なりとも成長が見て取れる内容の試合をしないと今年もヤバいかもしれませんね。
勝ち試合を含めて、突っ込みどころ満載過ぎます。

投稿: kobatake | 2010年3月23日 (火) 10:02

夜明け前の状態がずっと続いている印象です。夜明けがくるのは何時なのでしょうか?

投稿: ホイチョイ | 2010年3月23日 (火) 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3節 山形戦(3/21@NDソフトスタ):

« 無事帰還しました! | トップページ | 山形に行ってきた! »