« 東アジア選手権なでしこ優勝 | トップページ | 練習試合vs蔚山現代戦@指宿 »

2010年2月15日 (月)

代表東アジア選手権vs韓国戦@国立

 何をか言わんや、ですね。どうしてゲームの状況を読めないのだろう。韓国のCBは不安定、特にセット・プレーのの時闘莉王をマークする3番のプレーは稚拙。闘莉王の突進を手でとめるしかない。見事にファウルを誘いPKゲット。
 その後も、同じようなプレーの繰り返しでセットプレーで点が入ると思えていたが、逆にPKを取られ、さらに味方に当たったシュートで逆転される。しかし、PKをゲットしたのと同じようなプレーで、愚かにも闘莉王はアフターのラフプレーで一発退場。主審のレフリングを見ていると、逆に韓国にも退場させるような笛をふくのではと思っていたが・・・・
 大久保故障で前半途中で入った香川を岩政と交代。この交代は納得いかない、香川はなんのために出てきたの?ここは岩政じゃなくて阿部じゃないの?予想したように、韓国も8番がイエロー2枚目で退場する。10対10になると、日本が圧倒的に攻めまくる。ただし、いつものようにパスは回るがゴールに向かうプレーは無いし、シュートもしない。これでは点は入らないわな。
 お決まりのように、カウンターから失点して、これで試合は決まり。韓国の出来もひどく中国に負けたのもうなずけるような内容ですが、日本はそれにさらに輪をかけるようなひどさ。主審の笛の特徴を見きれない時点で負けは決定。さてさて、W杯4強なんて夢のまた夢ですね。その前に、監督交代が現実味を帯びてきたような気がします。

|

« 東アジア選手権なでしこ優勝 | トップページ | 練習試合vs蔚山現代戦@指宿 »

コメント

言いたいことを書いたら切りがない試合でしたね。
試合当初の韓国のラフプレーを見て3番、8番、9番の辺りはレッド食らう可能性が高いと思っていただけに、まさか日本の方が先にレッド食らうとは思いませんでした。
それでも、カウンターを食らった時に韓国DFがバタバタしていたので、諦めなければイケると思ってました。
でも、岡田監督のとった采配は後半から香川⇒岩政。
時間が無くなってからの寿人投入。
DF投入はわかりますが、香川を変えるか?・・・普通はFWのどちらかを削るだろう。
あの韓国DF陣なら平山の高さで勝負出来ると思っていたので、後半から平山投入かと思ってたんですけどね。
あれだけの強気発言をしてW杯本番でもないのに、この臆病采配は何なんでしょう?
オジェック采配と被りました。
前にレッズの試合を見ているようだとコメしましたが、今回も同じ。
横パス多いんだけど受け手が全くマークを外す動きが無いので、数的有利な状況を全く作れない。
1人で打開出来るドリブラーがいないんだから、なおさらそういうプレーが要求されるのに。
あれでは、韓国のように早いワンツーで抜け出すようなプレーがなければチャンスすら生まれません。
あと内田は、どうせ縦には勝負しないんだから角度が有ろうが無かろうが、ペナルティエリアに侵入したらとにかくシュートしてくれよ。

協会も本人も続投の考えのようなので、もう海外組の力に期待するしかありませんね。
でも、昨日の稲本だけはよかったですね。

投稿: kobatake | 2010年2月15日 (月) 12:13

kobatake さんへ>
閉塞感だらけの試合でしたね。この日にアルコールを取りすぎたのか、いまいち調子が悪い。これもすべて岡田のせいだ。

投稿: ホイチョイ | 2010年2月20日 (土) 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表東アジア選手権vs韓国戦@国立:

« 東アジア選手権なでしこ優勝 | トップページ | 練習試合vs蔚山現代戦@指宿 »