« 10年日程正式決定 | トップページ | アウェーユニ発表 »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍引退

横綱の朝青龍が暴行事件の責任をとるかたちで、昨日引退を決めた。初場所中深夜酔って暴行騒ぎを起こした責任を取り、相撲協会理事会に引退届けを提出し受理された。これまで数々のトラブルを起こしており、ついに角界から退場を余儀なくされた。
スピード出世で、そのスピードに対して本来ならそれは地位に応じて備わるべき品格が追いつかなかったと言うことでしょうか。また、しばらくは断トツの強さを誇り、その奔放な行動に対して物言える人がいなくなり、まさに裸の王様になってしまいました。
朝青龍のことを言い当てるならば、「アスリートとしては150%認めるし、本当に好き。でも、横綱としては認められない」内館さんの言葉は朝青龍のことを言い当てている。
解雇ではなく見ずから引退を申し出たことで、退職金が支払われ、引退相撲も行われる。外国人力士が幕内の4割を占めて、今回のような火だねはそこかしこに潜んでいると思われる。貴乃花以来日本人横綱は誕生していない。そこが大相撲人気が盛り上がらない一因と思えます。日本人横綱の誕生を望みます。
さて朝青龍ですが、今後はどんな道を進むのですかね?プロ格闘家ですか。でも、あの運動能力と気質ですと、ヒール役はピッタリとはまるかもしれない。

|

« 10年日程正式決定 | トップページ | アウェーユニ発表 »

コメント

マスコミの叩き過ぎもあったかもしれませんけど、数々の問題を起こしたことは事実でしょうから、当然の結果でしょうね。
自分は、ガッツポーズぐらいはいいじゃんと思いましたが、ファンを騙して休場し母国でサッカーをやってたことは許せなかったですね。
プロのアスリートとしてはあるまじき行為です。

曙とコンビでも組んで、逆にヒールに徹すれば人気が出るかもしれませんね(^^;)

投稿: kobatake | 2010年2月 5日 (金) 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍引退:

« 10年日程正式決定 | トップページ | アウェーユニ発表 »