« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

開幕戦に向けて

 昨日の横浜Mとの非公開練習試合ですが、1-3で逆転勝ちしたようです。セルが相変わらずキレキレで手がつけられなかったようです。また、サヌ。柏木が試合に出場したようです。柏木は軽い肉離れのようですが、開幕は大丈夫な様子です。サヌは調子が上がらないようで、フィンケの見立てではベストになるには3~4週間かかるようです。気になるのは、マシューはアップ中に故障したようで、開幕は絶望のようです。来日以来故障続き、ゼリッチもそうでしたが、豪州出身選手と浦和は相性が悪いのかも。しかし、これだけ故障が続くとメディカル・チェックはちゃんとやったのかという疑問もわいてきます。

 鹿島vsG大阪で行われた、ゼロックスですが鹿島がしょっぱくPK勝ち。やはり、ゲーム運びは鹿島はうまいというか、負けないやり方を良く知っている。
 G大阪は立ち上がりの、G大阪らしいパスつなぎでゴール前ドフリーの平井が決められなかったのが痛かった。後は鹿島のプレスの前にボールがつなげど、ゴールにせまる展開になれない。
 一方、セットプレーからPKを獲得してマルキニョ-スが決めて同点。しかし、微妙な判定でしたが、日本が誇る最優秀レフリーである西村様の判定ですから・・・・・・手を使って引き倒した?手を使うプレーは厳しく取るということのようですが、あんなのがPKならACLではPKは何本取られた?また、彼は独自と思えるような基準で判定していましたね。安田のカードは彼では無いような気がしたのは、私だけ?でも、彼はACLでも笛を吹いているのですが大丈夫というか、ダブルスタンダードでやっているのか。
 G大阪は攻めてが無い中、前半ロスタイムに加地のクロスから小笠原が見事なヘッドを決める?加地のやけくそシュートが相手に当たってきまる。やはりシュートを狙わないとダメですね。
 後半は、鹿島のプレスも緩んできてG大阪にもチャンスはあったが得点は許さない。まさに、鹿島らしい試合展開でした。G大阪の宇佐美も出てきたが、消えまくっていました。結局、PK戦にもちこみ鹿島の勝ち。やはり、鹿島は強いという印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

開幕1週間前

 いよいよ、開幕戦が1週間後に迫りました。チケットの入手はお済でしょうか?鹿島HPを確認すると、販売枚数39,000枚で空席もホーム・サポシートのみということでほぼ完売といっていい状況のようです。
 今日は非公開で横浜との練習試合が行われるようです。選手は、梅崎・直輝らの故障選手も一応を練習には顔をだしているようです。心配された柏木も機能、練習に合流のようです。選手層もあつくなりなり、これからは競争もかなり激しくなりそうです。サヌも合流してSHで練習をした?心配なのがマシューのようですね、CBの主力組は暢久・坪井で組んだようで、マシューは開幕スタメンは厳しいのかもしれません。怪我でチーム合流が遅れてしまったのが大きく影響しているようですね。また、原口が練習試合で得点をあげていないのが気にかかります。去年はこの時期のチーム得点王でしたから。
 鹿島は、ACLとゼックス杯と公式戦を2試合消化してから開幕戦に臨みます。ACLみても、試合運びはさすがで、あのしょぱい勝ち方は鹿島ならでしたね。

 さて、「鹿島への道のり」ですが、またこちらを参考にしてください。下道で利根川水郷ラインを使ってのルートです。しかし、今年は、1000円高速が使えますので、東北道経由で久喜IC→栃木都賀JCTを走り、北関東自動車道で水戸大洗ICで降りる。あとは51号を上っていく、そんな方法でアプローチしてみたいと思います。行きは問題ないと思いますが、帰りの混み具合はどうなんでしょうか?例年ですと、潮来ICまでの道が大渋滞ということですが、今年は私のように逆から帰る方もいるのなかな?今年は違う攻め方をしたいと思います。そうした場合の車を駐車する場所も考えないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

代表メンバー発表

アジア杯予選バーレーン戦に向けての日本代表メンバーが発表された。
予選突破は決定しているので、本来ならこういう試合で新しい戦力を確認したいところですが、東アジア選手権での惨敗をひきづり、負けられない試合となり、欧州組を含めたベストメンバーで戦わねばならない台所事情、まさに負のスパイラルに陥った感があります。
中村俊輔、長谷部、本田、松井、森本の五人が招集された。東アジア選手権からは小笠原、中村憲剛らが外れることになった。W杯前に、欧州組が揃うのはこれが最後となるらしい。監督は新しい可能性を求めないといけないということだが、一体、誰に可能性を求めるというか甚だ疑問です。敢えていうなら平山か?ちと厳しいか。
そんな中、中村俊輔が国内復帰、今日にも決定かという記事も出ています。結局のところ、コンディション不足が原因でスベインで試合に出れないわけでしょう。こういう状態の選手に頼らざるを得ないというのは淋しい限りです。コンディションが上がらないのであれば、岡田監督はフランス大会の時に、カズに対して下した決断と同じ決断を下さないといけない。温順や昔の貢献で代表に選ぶならチームの団結にひびが入るのは必至です。
さて明日はゼロックス杯、浦和は横浜と練習試合ですが、非公開のようです。大原でやるの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

ACL

 ACLは第一戦の残り残り試合が行われ、日本勢はG大阪がアウェーで水原と、広島がホームで山東で戦った。
 G大阪は、チョジエジンが怪我、新加入の外国人もいなく、FWには平井が起用された。G大阪は何度か決定機がありながら、それを生かし切れず引き分けた。しかし、韓国チームの当たりは厳しく、豪州の主審も流しきみで、ひやりとさせられる場面もあったが、昨日の川崎の中村憲剛のように顎骨折の重傷者がでなかったが、中澤、明神が途中退場、勝ち点1を取れたのはよしとせねばならないだろう。
 ACL初登場の広島は、やはり硬さが目立ちました。守りを固める相手に対して、有効な攻め手がない。確かに山東にチャンスらしいものはほとんど与えなかった。だが、決して広島が良いサッカーをしたわけではない。引き分け狙いで守りを固める相手に対して、攻めの工夫が足りなかった。試合は終盤にセットプレーから失点、まさに山東のプラン通りの一戦だった。
 第一戦を終えて、日本勢は1勝1分2敗。ACLでの日本勢の優位さはなくなってきたか。とにかく、試合内容は荒っぽく、アジアのレフェリーな基本は流し、しかし、わけの分からないとこでカードが出て来る。Kリーグのチームに比べると、明らかにJリーグチームは甘いというか温室育ちという印象は拭い去れない。まあ、寒いなかでの第一戦なので止むを得ないところもあるのでしょう。これからの戦いに期待ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

ACL開幕

 いつの間にか、ACLが開幕していました。2月のこの時期韓国、中国でのナイターの試合はTVで見ていても寒そうです。
 鹿島は、小笠原、本山を欠いての試合でしたが、セットプレーから野沢のFKを中田がヘッドを決めて先制。その後、長春亜泰に攻め込まれる場面もあったが、岩政、イジョンスのCBコンビががんばり、無失点に抑え完封勝ち、いかにも鹿島らしい勝ち方でした。
 川崎はアウェーで、城南一和と対戦。城南一和のユニは高麗人参のロゴはありませんでしたね。ピッチの状態はかなり悪いようで、デコボコ状態でしたね。城南はかなり厳しく当たってきましたが、マレーシアの猿顔の主審は流し気味で、川崎の選手はかなりどつかれていました。結局、0-2で川崎は敗退、でも1点目は完全にオフサイドに見えましたが・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

体調不良

 どうも調子がいまいち良くありません。お腹の調子が悪いのです。原因は先週の日曜日、上村愛子のモーグルを昼間から日本酒を飲みつつ、外国人選手をこけろ!こけろ!と言いながら、調子こいたのが宜しくなかった。
 さらに、夜は岡田ジャパンを見ながら芋焼酎を飲みすぎたのが良くなかった。これも、岡田ジャパンが不甲斐ない戦いをしたのがこれに輪をかけた。
 アルコールを断って1週間、これだけ断酒は久しぶり、というか飲む気が起こらない。これも年をとった証拠なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

プレシーズンマッチvs徳島ヴォルティス(2/21@ポカスタ)

21日(日)鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで、プレシーズンマッチvs徳島ヴォルティス行なわれた。

Jリーグプレシーズンマッチ 徳島ヴォルティスvs浦和レッズ
2010年2月21日(日)14:04キックオフ・鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
試合結果
徳島ヴォルティス2-1(前半0-0)浦和レッズ
得点者:54分セルヒオ、79分徳重(PK)(徳島)、89分津田(徳島)

浦和のスタメンは
FW-エジ、達也
MF-セル、宇賀神、阿部、細貝
DF-堤、坪井、暢久、岡本
GKー山岸
サブー加藤、マシュー、堀之内、啓太、原口、高崎、高原

 前半は、浦和がボールを支配して何度か決定機つかむが得点に至らず。徳島にCKからボールわられるが、ファウルがあってノーゴール。セル、宇賀神のSHは現在の調子の良さから先発した感があり。セルはボールに絡んで、なかなか相手にボールを渡さない。宇賀神も積極的にゴールに向かうプレーをする。ただ、良い形でゴール前まで迫るがゴールが決まらない。岡本も、相手の裏をとりなかなか良いプレーする。大原の練習試合ではCBをやっていたが、SBのほうが良い。
 後半、岡本のマイナス・クロスを高崎が詰めるがノーゴール。サブの全員が交代する。残念ながら、セルも後半の中盤以降は消えていた、この辺がセルの課題か。交代選手も決して機能しているとは言い難いがこれも練習試合の一環だから止む無しか。そうこうしているうちに、堀之内が裏を取られファウルを犯しPKで同点にされる。終了前に、マシューがこけて相手に入れ替わられ失点。どうも、暢久のカバーが甘いような気がしました。ゴール前までは、うまくパスをつないでいくがどうもフィニッシュが甘いという去年のような戦いでした。しかし、ポンテ・柏木・直輝と攻撃の中心となる選手がいないこと考えればしょうがないか。
 一応これで合宿は終了で、あとは大原で調整して開幕に備えることになりそうです。来週の週末はまた大原で練習試合が組まれるでしょう。ポンテ・柏木・サヌも合流するようでこれで今シーズンの浦和の形が見えてくる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

スカパー!からのお誘い

 スカパー!から魅力的なお誘いが来ました。2009年にサッカーセットを契約している人向けに、サッカーセット(①Jライブ、②欧州サッカーセット、③J&欧州セットのいずれか)の1年契約を条件に、スカパー!HDのチュナー・セットを3000円で販売するとのこと。 3月末までの、先着15000人の特典ですので速攻申し込みました。
 アンテナは現行のものが継続使用できるので、チューナーをセットして、HDMIコードでTVと接続するだけ、HDMIコードもチューナーに付属してくるとのことなので作業は至って簡単。チューナーのレンタル料金が月630円、一括で購入すれば26,800円ですからこれはお得ですね。ただし冷静の考えると、スカパー!は契約方法が月単位ですので(1ヶ月契約すると2ヶ月見れる)、去年実際私が支払った料金は5ヶ月分ですので、負担金額は2,980円×7ヶ月+3,000円=23,860円となり、3,000円だけの得ですから、目茶苦茶お得な分けでもないのですね。まあ、今年はW杯があるからW杯をHD画像で見ると思えばお得ということで。
 DVDレコーダーをHD録画対応しないと、録画は標準画像?になるようです。LAN HDDへの録画もできるようですが、うちのレグザだと機種が古くてTVとの連携が出来ないようです。ヴァルディアS304が何気に良さそうです。しかし、デジタル家電の進歩はまさに日進月歩ですね。2年半前に買ったレグザZ2000は化石のような存在?

しかし、冷静に考えるとレンタルぼ方がいいのか。もとをとるには約3年、3年だとチューナーが故障時のリスクもあり、レンタルなら保証してくれるようです。下のリンクから行けばキャッシュバックもありそうだし、レンタルにしようと思います。

スカパー! レンタルサービスおまかせHDプラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

開幕戦チケット

 ピアとローソンは全席完売。e+は2Bゾーン、CNは2Bゾーンに加えてアウェーサポ席もまだ発売中。(10時20分現在)

e+のプレリザで購入してしまったが、余計な手数料を1枚あたり800円取られてしまった。こりゃボッタクリもいいとこ。今なら、すぐチケになり200円で済む?
 学習効果が働いていないなあ。鹿島戦は初日完売でも追加発売があるからなあ。でも用心にこしたことなない。人気に陰りがと言うような噂ですが、開幕戦のチケットの売れ具合を見ているとあまり例年と変わらない様子。

<追記>シーチケが我が家にもやって来ました。 P1020520P1020521 

 今年から、ICカードにしてみました。去年はぶら下げるホルダーがついていましたが、今年はついていない!去年のホルダーはどこにいってしまったのか?探さないとだ。また、席替えの希望を出しましたが、去年と同じ席でした。お隣が去年と同じおでぶさんだと思うと少し憂欝です。
 ナビの優先購入権が2枚、今年は2枚とも活用できるように、宜しくお願いします。
 バックは、去年のバックはあの中に小物を入れて埼スタにGO!という感じのものでしたが、今年はちょっと微妙。ご婦人用の小物入れでこれだけ単体では役に立ちそうにない。夏のクールビズの時、小物をまとめてビジネスバックに入れる、こんな使い方ですかね。
 Edyとしての機能は今年のカードにもついてきているわけで、Edyとして利用するなら去年のカードは使わないですよね。この辺はちょっと無駄です。シーチケを続ける限りEdyのカードが送り続けられるわけで、こんな普及方法なのでEdyは赤字続きなのでしょうね。そい言えば、私はマイラーでは無いのですが、ANAのマイレージカードを持っているが、これにもEdyはついているので、これで3枚目です。べつにEdyが欲しいわけではないのですが・・・・

 EdyにPoSoRiを使ってクレジット・カード登録をしてみました。簡単に登録できました。でも、特典を調べてみましたが、余りメリット感じない。クレジットカードでチャージして埼スタで買い物しても、100円で1.5円のポイント還元?Suicaの方が私にはメリットあるような気がします。例えば、ファミマでスイカクレジットでチャージしてSuica払でTカードを提示して支払いすると、ポイント還元をSuicaチャージで受けると、あれ?どうなのですか、Edyの方が得?良く分からない・・・・・
 ただカードが増えるのはうざいことです。私のサイフの中には、Suica(定期券)、BIC CAMERA Suicaカード、キャッシュカード、免許証、住基カード、JOMOカード(ETC用)、Tカード、楽天カードとカードが8枚入っています。その他に、ヤマダ電機、Nojima、マツキヨ、サンドラック、イエローハットのポイントカードが入っています。主婦みたい(笑)これ以上カードが増えるのは嫌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

啓太がキャプテンに!

 2010年シーズンのキャプテンも去年と同様に啓太が選出された。

去年に続いて2年連続の選出になったわけです。キャプテンとはいえ、レギュラーの座は確定していないかと思います。若手の台頭もあり、啓太にとっても勝負の年になるのでないでしょうか。副キャプテンは阿部、選手代表メンバーは山岸、細貝、直輝が選出されたわけですが、若手の台頭は著しい。

今日は磐田との練習試合が行われた。
2月18日(木)11:00キックオフ(45分×4)・鹿児島県立鴨池陸上競技場
浦和レッズ2-1(1本目0-0、2本目0-0、3本目0-0、4本目2-1)ジュビロ磐田

<浦和メンバー>
[1本目]
GK大谷
DF岡本、スピラノビッチ、堤、永田
MF細貝、堀之内、西澤、林
FW高崎、高原

[2本目]
GK都築
DF岡本、スピラノビッチ→40分加藤、堤、永田
MF細貝、堀之内→26分濱田、西澤、林→29分セルヒオ
FWファイサル、高原

[3本目]
GK山岸
DF平川、山田暢、坪井、宇賀神
MF啓太、阿部、柏木→35分セルヒオ、ポンテ
FWエジミウソン、達也

[4本目]
GK加藤
DF平川、山田暢、坪井、宇賀神
MF啓太、阿部、セルヒオ、ポンテ
FWエジミウソン→25分高崎、達也→38分濱田

得点者:エジミウソン(4本目4・18分)、ジュビロ磐田(4本目32分)

2試合目はほぼ試合をコントロールしたようですね。ファイサルも出場。峻希が欠場しているのは寂しいですね。全体的には順調のようですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

東京Vピンチ!

 経営難の大分に続いて、東京Vの財政状況も非常に厳しいところまで追い込まれているようです。

 東京Vが16日のJリーグ理事会で退会処分を受ける可能性が出てきた。東京VがJリーグ事務局から提出を求められている「今季スポンサー料5億4000万円を集められなかった場合、現経営陣は退陣する」という念書の提出を拒んでいるため。退会した場合は、東京Vを除外した新たなJ2日程を発表する異常な事態となる。

 昨年9月の理事会でJリーグは、東京Vの株主変更を承認するにあたって条件を付けた。9億円規模でチームを運営すること、そして再建計画の軸となっている今季スポンサー料5億4000万円について出資する企業から確約を取ること。東京Vが昨年11月17日の理事会までに「スポンサー料を確保した」と報告したため変更を承認された。

 しかし、1月にJリーグが職員を派遣して内部調査を実施したところ、スポンサー料は予定額を大幅に下回ることが判明。急きょ1月29日に臨時理事会を開いて善後策を協議した。この時も東京Vは「入金時期は遅れるが間違いなく集められる」と約束したため静観することになったが、2月から経理担当として東京Vに出向したJリーグ職員からの報告で経営状態がひっ迫していることを確認。9日の実行委員会で東京Vに「再建計画通りにスポンサー料が集まらなかったら、現経営陣は退陣する」という旨の念書を提出するよう要求。「17日の理事会までに提出しない場合は退会させる」と最後通告をした。既に今季J2日程は発表されているが、その場合は東京Vを除外した日程を作成し直し再発表することになる。

 一方、東京Vの崔会長はスポンサー料の確保に自信を見せながらも、念書の提出は拒否。一歩も引かない構えだ。鬼武チェアマンも「あしただ」と理事会の判断に委ねる意向。もし退会となれば、契約選手の処遇や日程告知ポスターなどの作り直しなど各方面に影響が出ることは間違いない。Jリーグは大きな試練の時を迎えた。

17日の理事会では念書が提出されて、すんでのところで退会を免れた。しかし、今までの経緯からして、本当にスポンサー料5億4000万円を集められたかは疑わしい状況です。東京Vの経営陣をみていると、思い当たりでやっているようでこれで大丈夫なの?という気がしてならない。名門クラブだけに消滅だけは何とか避けて欲しいのですが・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

練習試合岡山戦@指宿

16日は、ファジアーノ岡山とのトレーニングマッチがおこなわれました。

2月16日(火)15:00(45分×2)・指宿いわさきホテルサッカー場
浦和レッズ5-2(1本目1-0、2本目4-2)ファジアーノ岡山

<浦和メンバー>
[1本目]
GK加藤
DF岡本、スピラノビッチ、坪井、堤
MF阿部、細貝、西澤、林
FW原口、達也

[2本目]
GK都築
DF岡本、坪井→29分啓太、堀之内、永田
MF阿部、濱田、西澤→21分宇賀神、林→37分加藤
FW高崎、セルヒオ

得点者:達也(1本目39分)、ファジアーノ岡山(2本目3分、44分・PK)、高崎(2本目16・38分)、セルヒオ(2本目26分)、阿部(2本目40分)

マシューが先発、また代表から復帰した阿部はフル出場、細貝・西澤も復帰した。非常にここまでは至って順調。セル・高崎は好調を維持している模様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

練習試合vs蔚山現代戦@指宿

15日、指宿で蔚山現代(Kリーグ)とのトレーニングマッチが行われました。

2月15日(月)15:00(45×2)・指宿いわさきホテルサッカー場
浦和レッズ2-1(1本目0-1、2本目2-0)蔚山現代

<浦和メンバー>
[1本目]
GK山岸
DF平川、山田暢、岡本、宇賀神
MF啓太、柏木、ポンテ、原口
FWエジミウソン、達也

[2本目]
GK大谷
DF平川、山田暢、岡本→30分スピラノビッチ、宇賀神→15分堤
MF啓太→15分堀之内、柏木、セルヒオ、ポンテ
FW高崎、エジミウソン

得点者:蔚山現代(1本目10分)、ポンテ(2本目15分、2本目42分・PK)

マシューが初めて練習試合に参加、15分の出場だがチームと連携を確認したようだ。ポンテは得点も決めて順調のようです。またセルが相変わらず、切れているようですね。セル、原口、柏木、直輝の浦和式若手ゴールデントライアングルに期待ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

代表東アジア選手権vs韓国戦@国立

 何をか言わんや、ですね。どうしてゲームの状況を読めないのだろう。韓国のCBは不安定、特にセット・プレーのの時闘莉王をマークする3番のプレーは稚拙。闘莉王の突進を手でとめるしかない。見事にファウルを誘いPKゲット。
 その後も、同じようなプレーの繰り返しでセットプレーで点が入ると思えていたが、逆にPKを取られ、さらに味方に当たったシュートで逆転される。しかし、PKをゲットしたのと同じようなプレーで、愚かにも闘莉王はアフターのラフプレーで一発退場。主審のレフリングを見ていると、逆に韓国にも退場させるような笛をふくのではと思っていたが・・・・
 大久保故障で前半途中で入った香川を岩政と交代。この交代は納得いかない、香川はなんのために出てきたの?ここは岩政じゃなくて阿部じゃないの?予想したように、韓国も8番がイエロー2枚目で退場する。10対10になると、日本が圧倒的に攻めまくる。ただし、いつものようにパスは回るがゴールに向かうプレーは無いし、シュートもしない。これでは点は入らないわな。
 お決まりのように、カウンターから失点して、これで試合は決まり。韓国の出来もひどく中国に負けたのもうなずけるような内容ですが、日本はそれにさらに輪をかけるようなひどさ。主審の笛の特徴を見きれない時点で負けは決定。さてさて、W杯4強なんて夢のまた夢ですね。その前に、監督交代が現実味を帯びてきたような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

東アジア選手権なでしこ優勝

 東アジア選手権、なでしこジャパンは3連勝で2連覇、おめでとうございます。しかし、この寒さの中、サッカー観戦は厳しいですね。私は秋ー春制賛成なのですが、ここ数日の気候を考えるとやはり真冬のサッカー観戦は厳しい。でも、なんでこの季節にナイターで試合をするのか?雨や雪なら厳しいが、午後の時間帯なら何とかできるのかなあ、という感じもしないでもないのですが・・・・・
 埼スタの今の席は雨がかかりませんですので、仮に冬の観戦となっても、熱燗あるいは焼酎お湯割りでしのげるかと。ただし、ナイターで枝豆片手に生ビールの方がいいのですが。それは埼スタでの話で、アウェーには足が遠のくのは間違いないところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

あまりに寒いので

水草をトリミングしてみました。

P1020514 「画像が余り代わり映えしてないようですが?」
(ちぃ、うっせーよ!)
「反省してま~す。」

P1020517_2底床に植栽している水草は無しで、ボルビ、ミクロ、アヌビアスナナ系の巻物だけ、流木を取りだしてトリミングするだけ、中央のミクリナローリーフを坊主にしました。水草派を名のるのものも、そろそろやばくなってきた。アルピノネオンが暖色系のいい味だしている。アルピノカージナルなら、もっと味だすのでしょうが、かねだいのセールでも、3匹798円だから、アルピノネオンの4倍か。

 ところで、今日はさいたまシティカップが開催されたようですね。ナック5スタで、Kリーグの水原に5-0で勝ってしまったみたい。ちょっと、点を取りすぎじゃない?リーグ開幕までとっておけばよかったのに、勿体ない!勿体ない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒い!

 寒い!さすがに3週連続の大原行きは止めました。明日からは指宿合宿で、来週の土日は徳島でPSMで、その次の週は開幕1週間前になってしまう。来週は開幕戦のチケット発売日で、今年も慌てずにSBゾーンを狙います。まさか、ゲット出来ないはないですよね。今週はまったりとバンクーバー五輪での観ていますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

指宿キャンプのスケジュール発表

 指宿キャンプのスケジュールが発表になりました。場所は去年と同じ指宿いわさきホテル内サッカー場です。

◆期間:2010年2月14日(日)~2月20日(土)
◆場所:指宿いわさきホテル内サッカー場(鹿児島県指宿市十二町3755)

<トレーニングマッチ予定>
2月15日(月)vs蔚山現代(Kリーグ)(15:00キックオフ・指宿いわさきホテルサッカー場)
2月16日(火)vsファジアーノ岡山(15:00キックオフ・指宿いわさきホテルサッカー場)
2月18日(木)vsジュビロ磐田(11:00キックオフ・鹿児島市鴨池陸上競技場)
<プレシーズンマッチ予定>
2月21日(日)vs徳島ヴォルティス(14:00キックオフ・鳴門ポカリスエットスタジアム)

練習試合は多いし、磐田とのトレーニングマッチは45本×4本らしいので、都合4試合分を観戦でき、浦和サポには見ごたえ満載の合宿になるようです。何でも、選手と一緒に温泉にはいれたり、食事の一緒に食べられる可能性もありそうですね。

ところで、昨日は非公開でKリーグ3位のFCソウルとの練習試合を行ったようです。結果は0-1で敗戦。ポンテの登場していたようです。某スポーツ放置では、「スピード、運動量、プレッシング、決定力と、あらゆる面で圧倒された。」となっていたのですが、非公開の試合をしっかり自分の目で見たうえでの記事なのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代表東アジア選手権vs香港戦@国立

 あまりのひどさにコメントさえする気にならなかった中国戦に比べて、今日の試合も余り進歩なかった?ちょっと、やばいですよね。過去、6-0、4-0と勝った香港に対して3-0というのは、勝ち点3を取れたということだけですね。がっくりです。W杯本番は期待したい方がいいかもしれません。
 この季節のナイターで、しかも雨、現場に行かれた方はお疲れ様でした。それと、平山君もお疲れ様でした。後は、プライドをかけた韓国戦。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

休日雑感 

 ネタ的にはいろいろ書きたいものはありますが、今日は考えなしの書きっぱなしということで。

  • サッカー東アジア選手権ですが、何と中国が韓国に3-0で勝ってしまいました。中国は強かったんだ。日本が、0-0で引き分けたのは上出来だったのですね。あまり岡ちゃんを責めるのは止めにしましょう。でも、楢崎がPKを防いでいなかったら中国が優勝だったんだ。
    日本の優勝のためには、今日は平山ハット・トリックで6-0で勝たないといけない。でも、チケットが全然売れていないみたいです。この寒さのなかナイターはいかがなものか。
  • 中村俊がどうやら、エスパニョールをくびになりそうな報道。Jへのレンタル移籍を画策しているおり、横浜が第一候補のようですが、浦和・鹿島・G大阪・瓦斯とかも候補として噂に上っている。浦和には、かぶる位置に若手の有望選手がいますので間に合っております。はい。
  • 枝野さんが大臣になりましたね。埼玉県出身の議員さんで今一番旬なのは枝野さんか。数少ない、小沢幹事長に対して物言える方。埼玉県出身の議員さんでは、荒船清十郎、小宮山重四郎さんなど、いわゆる国士タイプの人が多いのですね。枝野さんの権力絶大幹事長には、大いに物申して欲しい。
  • GAPで久々にジーンズを買ってきました。前回買ったのは、09年6月だから3年半ぶりです。この間に1本かっているか。買ってきたのは、アメリカ、コーン・デニム社(旧コーン・ミルズ社)製の生地を使用しているところ。縫製は中国製ですが、生地はアメリカ製。良い感じの厚みと硬さのある生地は、さすがアメリカと思わせる出来。いや、思った以上に良い物を作っています。これがGAP価格で買えるのは嬉しい限りです。さらにセールでしたので、¥2900とユニクロ並みの価格で買えました。ただ、コーン・デニムになってサイズが少し小さくなりました?それとも、私が太った?

P1020511P1020509 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

分かる人は分かる!

 Maker's Shirt鎌倉でYシャツと名刺入れをネットで購入しました。去年のカンブリア宮殿に社長さんが出てしまい、カンブリア宮殿の呪いにやられなければいいのですが・・・・・

P1020508P1020504  Yシャツは綿100%の80番の2PLYクロスのボタンダウンのシャツです。 この生地のシャツは非常に着やすいのです。その昔、ルミネもテイジン・メンズ・ショップがあったころは、綿100%の2PLYクロスのシャツを愛用していた。確か、バーゲンで買っても6000円は下らなかった。最近は、ヨーカドーのサボイヤの2PLYクロスが3990円を愛用していたが、やはりベトネム産?なので縫製が明らかにメイド・イン・ジャパンと比較してイマイチ、なんかダボってして体へのフィット感がイマイチでした。 
 Maker's Shirt鎌倉、これは日本製で着心地が良い。綿100%の良さを出している。これが4900円ですから、コストパフォーマンスは高いですね。しかし、社長がTV出演以来、品不足が発生。ネットでも発売、即完売が続いている。今回は、定番のボタンダウンを何とか購入出来ました。
 もう一つが名刺入れ、手縫いのダブルポケットの商品なのですが、かみさん・娘に見せたら「100均で買ってきたの?」 との反応、分かる人が見たら分かる。あ~あ、がっくりです。でも、この値段だすならバーバリーとかのが買えましたね。ちょっと後悔!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

今後のトレーニングスケジュール

来週以降のトレーニングスケジュールですが、オフィシャルでもなかなかアップされない。2次キャンプは鹿児島の指宿市で行われるような話は聞いています。噂では、14日から鹿児島入りして、18日磐田とトレーニングマッチを行い、21日に徳島とPSMを行って帰っくる。こんなスケジュールになるのでしょうか。
鹿児島では結構な数のチームがキャンプをはっているようです。Jリーグだけでなく、Kリーグのチームもいる。そういえば去年もKリーグの浦項、蔚山とかトレーニングマッチをしていたような記憶があります。キャンプとともに鹿児島旅行なんてのも良いかもしれない
ここまでは、達也を始めに順調に来ている。先日のトレーニングマッチでも、達也と柏木のコンビネーションな非常に良いように感じました。セルは相変わらず切れ切れだし、原口、啓太も調子を上げてきた。心配なのはマシュー、度重なる怪我で全体練習に合流出来ていない。ポンテもそうですね。
いずれにせよ開幕まで一ヶ月を切りました。鹿島戦のチケット販売は20日、噂では鹿島側がソシオ向けにチケットを売りまくっている?なんとしても開幕戦で勝利して一気に調子を上げて行きたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

1000円高速を活用した遠征

 2010年の日程も決まり、そろそろ遠征の予定を検討しなければならない時期になってきた。そこで考えねばいけないのが、遠征に何を使っていくのかということ。1000円高速が使える間は車を上手く使うことが肝要、新潟、仙台、山形は今までは新幹線で行くというのが常識でしたが、1000円高速を使えば格安遠征も可能になる。

①鹿島戦
今まで、利根川水郷ラインを使い一般道路を使って行ってましたが、今年は東北道経由で岩槻IC→栃木都賀JCTを走り、北関東自動車道で水戸大洗ICで降りる。あとは、R51を南下していく。これなら試合終了後の潮来ICへの渋滞を避けることが出来る方法かと。
②山形戦
これは、東北道→村田JCT→山形道→山形中央ICという経路で行く。チケット取れるかが問題。
③清水戦
こんな行き方もある。川島IC→八王子JCT→中央道→大月JCT→富士五湖有料道路→須走ICで一旦、一般道に降りて御殿場IC→掛川ICへ。
④仙台戦
宮城スタでの開催ですので、3月27日に富谷JCTが完成し、利府しらかし台ICへはすぐ行ける。便利になるのはいいが、宮城スタ周辺には駐車場はあるのか?試合終了後の渋滞は大丈夫なのか?と心配事が出てくる。
⑤新潟戦
関越自動車道ですね、試合終了後の渋滞回避策に頭を使うとこです。

今年は幸いな事に上記の遠征の翌日は休日ですので、帰りは慌てずにゆっくりと安全運転で帰るのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

練習試合vs湘南@大原

 先週に引き続き、懲りないやつらというか、あんたも好きねということで、また極寒の大原に来ることに。しかし寒いのなんのって、北風がしばれます。先週と同じく高速道路側のG裏に陣取りました。到着は先週より遅かったのですが、今日はピッチのサイズの中での観戦と相成りました。目の前にサブのゴールがあり見難いこの上なかったのですが、今日も試合が始まりしばらくしてツッチー・コーチが移動してくれました。(サブグランドでの練習のため)

P1020466P1020472  1本目のスタメンですが、

---エジ--達也----
--原口-----柏木--
---啓太---濱田---
宇賀神-坪井--暢久-平川
------山岸-----
達也がメンバーに復帰、しかしマシュー、サヌ、ポンテの外人3人の姿は無し。細貝の姿も無し、峻希・西澤の姿はあったような気がしましたが今日の試合には出場せず。
 試合開始前はフィンケの激しいゲキが飛んでいました。達也の動きが目につきました。遠目から見ると、達也がボールを盛んにさわり、ボールの出し手になっていました。柏木になかなかボールが入らない印象を受けました。両サイドが高い位置取りをして、私が見ていた左サイドは宇賀神が積極的に仕掛けていた。原口とのコンビネーションも良く、きわどいクロスや原口の左からの切れ込みが目立っていました。
 最初の決定機は、達也経由の右サイドのクロスに原口が中に切れ込みシュートを放つがわずかにゴールを外れましたが、完璧に相手のDFを崩したいい形の攻めでした。
 しかし、攻守の切り替えの遅さから中盤で余裕をもってボールをキープされ、田原にスルーパスをやすやす通され、あっさりと失点。坪井、暢久のCB陣の淡泊な守備はどうなんでしょうか。
 その後は柏木にボールが集まるようになり、浦和のペースとなる。柏木が高い位置で相手ボールをカットしてはなったシュートや、終了間際に原口が左サイドから仕掛け、ワンツーでシュートを放つがポストをはたく。

P1020477P1020485  2本目、メンバーに変更はない。今度は浦和の攻めを近くから見られるわけですが、柏木のプレースタイルを見ていました、動きのメリハリがあります。パス&ゴーで動くと思えば、ダッーと走りスペースを作る、作ったと思ったらボールを受けに行く。今日は柏木の作ったスペースに達也が進出してきたから、達也にさかんにボールが集まってきた。達也、柏木の関係で、ボールの受け手と出し手の関係がアンバランスと思ったが近くで見て納得しました。
 柏木の出したボールが一旦相手に渡ったが、原口が粘って奪い返し、右サイドからの折り返しを中央に詰めていた啓太が決めて同点に。ボールが出てきそうなところを察知して、そこへ顔を出す、啓太の面目躍如ということですか。先週の試合ではミスが多く心配していましたが、啓太の調子も戻りつつあるような気がしました。
2本目のメンバーは
---高原-高崎---
-原口--セル--林-
----濱田-----
永田-堀之内-岡本-堤
-----都築----
と、こんな感じでしたか。もっとも、林のポジションが低くボランチという感じもしました。セルの動きが出色でした。ボール・サイドのプレーは迫力ありましたね。相手DFを弾き飛ばしてボールをキープするというか、ボールを奪い取るという感じのプレーでした。右サイドのハーフウエイあたりから相手DFと競って、相手を弾き飛ばしてドリブル突破してきたプレーは圧巻でした。左サイドからの折り返しに放ったシュートは決めなくてはならないシュートだった。原口も、左サイドからキープしてゴール右を狙ったシュートあったがあれも決めなくてはいけない。
 DFの岡本はやはりトップのレベルには厳しいという印象でした。このポジションはミスをしたら失点に結びつく、その考えがないような軽いプレーでミスを連発し、決定的ピンチに結び付いていました。最後は堤と変わってSBにポジション・チェンジした。

P1020491P1020493 

 3本目になると、なかなかボールが前線におさまらなくなり出す。セルもいつの間にか消えていた。セルも、遠くから見ると、ボールを持っている時は迫力あるプレーをしているが、オフザボールのプレーはいまいち。柏木のようなパス&ゴーは無い。都築から盛んにセル!セル!と声を受けていたのは、そういうプレーの関係あるだろう。
原口、濱田に代わり平川、加藤登場すると、平川がボランチに入る。だんだん、ボールも繋がらなくなる。さらに、平川、加藤→坪井、大谷。試合は膠着状態となり、このころから寒さが強烈に応えるようになり、このまま試合終了。
 先週の試合では、出来が良くなかった啓太、原口の調子が上がってきましたね。セルは切れているが、ボールがないとKろでのプレーを改善すればさらに良くなる。柏木、達也は相性がよさそう。高崎は今日は見せ場無しだった。だんだんフィンケの志向しているサッカーが浸透している気はした。

今日のレッズフェスタはお休みということで。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

練習試合湘南戦(3本目)

原口、濱田に代わり平川、加藤登場。近場でボールを持つセルと、遠目で見るオフザボールのセルの動きは大違い。柏木と違いボールをはたいた後のパス&ゴーが全く無い。都築が盛んにセル!セル!と声を出しているのが印象的。
平川、加藤→坪井、大谷。試合は膠着状態、ボールはあまり繋がらなくなり、FWにボールがおさまらなくなる。このまま1-1の同点で試合終了。
しかし、北風が強く本当に寒い中での試合でした。そんなことも影響してか、3本目はお互いに見所は少なかった。

[サッカーショップ加茂]浦和レッズホームユニフォーム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

練習試合湘南戦(2本目)

メンバーは一本目と変わらず。近くから攻めを見た印象ですが、柏木の作るスペースに達也が入ってきてボールを受けているケースが多い。達也は柏木の作ったスペースをうまく使っている。
柏木が出したボールを一旦相手にわたるが、右サイドで原口粘り、中央に飛び込んだ啓太が決めて同点。

途中でメンバー交代
FWー高原、高崎
MFー原口、セル、林、濱田
DFー堤、岡本、堀之内、永田
GKー都築
セルの動きが目立つ。相手DFを弾き飛ばしての突進を見せる。決定戦が一度あったが決められず。
DFはイマイチ不安、岡本はトップのレベルには厳しい。イージーなミスを連発、見ていて冷や冷や。濱田のワンボランチ気味なのが影響しているのか?
原口も決定機あるが決められず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習試合湘南戦(1本目)

スタートは、
FWーエジ、達也
MFー柏木、原口、濱田。啓太
DF平川、暢久、坪井、宇賀神
GKー山岸
試合前、フィンケからかなりの激が飛ぶ。今日は左からの攻めが目につく。宇賀神のポジションが良いのか、原口とのコンビネーションは良い。達也経由で右サイドから原口が際どいシュートを放つ。
攻守の切替遅く中盤でフリーの選手をつくり、そこから田原にやすやすとスルーパスが通り失点。坪井、暢久のCB陣は淡泊。
攻めは達也の動きが目立つ。だだし、達也が出し手、柏木は受け手はアンバランス。しかし、柏木にボールが集まり出すと浦和のペース。
柏木のバスカットからのシュート、原口のワンツーからポストを叩いたシュートあり、攻めは調子上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習試合湘南戦

練習試合湘南戦
二週連続で来てしまいました。北風強く超寒い。そのため先週よりか観客は少なめです。何故か隣が湘南のサポさん、お疲れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウェーユニ発表

アウェーユニが発表になりました。去年はモデル変更がなかったから3年ぶりの変更となりました。

News_5472_3News_5472_2  何気にいいじゃね!というのが最初の感想。ホーム用は赤白が中心で黒が無い。アウェー用は赤白黒がバランス良く配置されている印象を受けました。背中の赤ラインが特徴的ですね。これを見て、アウェー用の方が欲しくなりました。そういえば、過去にアウェー用を買ったことは無し。検討の余地はあるかと。
 アウェーユニではなく、2ndユニフォームとオフィシャルでは発表されていました。ということは3rdユニフォームもありなのか?真黒、あるいはバルサ、ユベントスのようなビビッドカラー、出来たら面白いですね。

[サッカーショップ加茂]浦和レッズホームユニフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

朝青龍引退

横綱の朝青龍が暴行事件の責任をとるかたちで、昨日引退を決めた。初場所中深夜酔って暴行騒ぎを起こした責任を取り、相撲協会理事会に引退届けを提出し受理された。これまで数々のトラブルを起こしており、ついに角界から退場を余儀なくされた。
スピード出世で、そのスピードに対して本来ならそれは地位に応じて備わるべき品格が追いつかなかったと言うことでしょうか。また、しばらくは断トツの強さを誇り、その奔放な行動に対して物言える人がいなくなり、まさに裸の王様になってしまいました。
朝青龍のことを言い当てるならば、「アスリートとしては150%認めるし、本当に好き。でも、横綱としては認められない」内館さんの言葉は朝青龍のことを言い当てている。
解雇ではなく見ずから引退を申し出たことで、退職金が支払われ、引退相撲も行われる。外国人力士が幕内の4割を占めて、今回のような火だねはそこかしこに潜んでいると思われる。貴乃花以来日本人横綱は誕生していない。そこが大相撲人気が盛り上がらない一因と思えます。日本人横綱の誕生を望みます。
さて朝青龍ですが、今後はどんな道を進むのですかね?プロ格闘家ですか。でも、あの運動能力と気質ですと、ヒール役はピッタリとはまるかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

10年日程正式決定

 2010シーズンの日程が正式決定しました。開幕から、アウェーでも結構きついとこが続くような気がします。今年は山形には絶対に行きたい。かみのやま温泉泊りでお願いします。C大阪戦は4月にずらしてもらえません。(ANAで行きたい)新潟、清水ときもい遠征が続きます。前半に最後は仙台遠征、牛タンははずせない。湘南が平塚でやるのは意外。湘南戦は国立でしょう。3月31日のナビ磐田戦は微妙、リーマンは厳しい日程だ。

01節    3/06(土)16:00 鹿島スタ  鹿島アントラーズ
02節    3/14(土)14:00 埼スタ    FC東京
03節    3/21(日)13:00 NDスタ   モンテディオ山形
04節    3/27(土)16:00  長居ス    セレッソ大阪
ナ予選①  3/31(水) 19:30  埼スタ    ジュビロ磐田     
05節    4/03(土)19:00 埼スタ    湘南ベルマーレ
06節    4/10(土)16:00 東北電ビ  アルビレックス新潟
ナ予選②  4/14(水) 19:00  ホームスタ   ビッセル神戸
07節    4/18(土)16:00 埼スタ    川崎フロンターレ
08節    4/24(土)16:00  埼スタ    ジュビロ磐田
09節    5/01(土)16:00 エコパ    清水エスパルス
10節    5/05(水)14:00 埼スタ    名古屋グランパス
11節    5/08(土)14:00 埼スタ    横浜Fマリノス
12節    5/15(土)17:00 宮城スタ   ベガルタ仙台
ナ予選③  5/22(土) 14:00  平塚      湘南ベルマーレ
ナ予選④  5/26(水) 19:00  駒場        モンテディオ山形
ナ予選⑤  5/30(日) 15:00  埼スタ    清水エスパルス
ナ予選⑦  6/09(水) 19:00  日産スタ     横浜Fマリノス
13節    7/18(土) 18:00 万博    ガンバ大阪
14節    7/24(土) 18:00 埼スタ   サンフレッチェ広島 
15節    7/28(水) 19:00 西京極   京都サンガ
16節    7/31(土) 19:00  埼スタ   大宮アルディージャ 
17節    8/08(日) 18:00  ホムスタ  ヴィッセル神戸
18節    8/14(土) 19:00 豊田スタ  名古屋グランパス
19節    8/17(火) 19:30 埼スタ   ベガルタ仙台
20節    8/21(土) 19:00 平塚    湘南ベルマーレ
21節    8/28(土) 18:00 埼スタ   鹿島アントラーズ   
22節    9/12(日)       味スタ     FC東京
23節    9/18(土)     埼スタ   清水           
24節    9/25(土)     埼スタ   新潟    
25節   10/02(土)     埼スタ   A大宮アルディージャ
26節   10/16(土)     埼スタ   C大阪    
27節   10/23(土)     エコパ   ジュビロ磐田
28節   10/30(土)     埼スタ   モンテディオ山形
29節   11/07(日)     広島ビック  サンフレッチェ広島
30節   11/14(日)     埼スタ   京都サンガ
31節   11/20(土)     埼スタ   ガンバ大阪
32節   11/23(火)     日産スタ   横浜Fマリノス
33節   11/27(土)     等々力   川崎フロンターレ
34節   12/04(土)     埼スタ    ヴィッセル神戸

試合日程           チケ販売日
J1① 3/06(土) 鹿島 → 2/20(土)
J1③ 3/21(日) 山形 → 3/7(日)
J1④ 3/27(土) C大阪 → 2/6(土)
J1⑥ 4/10(土) 新潟 → 3/7(日)
J1⑨ 5/01(土) 清水 → 4/4(日)
J1⑫ 5/15(土) 仙台 → 4/10(土)
J1⑬ 7/18(日) G大阪 → 6/26(土)
J1⑮ 7/28(水) 京都 → 6/28(月)
J1⑰ 8/08(日) 神戸 → 7/10(土)
J1⑱ 8/14(土) 名古屋 → 7/11(日)
J1⑳ 8/21(土) 湘南 → 7/15(木)
N予② 4/14(水) 神戸 → 3/10(水)
N予③ 5/22(土) 湘南 → 4/15(木)
N予⑦ 6/09(水) 横浜 → 5/16(日)

 情報は2月4日現在の各クラブHPより拾っております。急の変更も考えられるので、詳細は各クラブHPなどで確認してくださいね~

 皆さんの遠征、参戦計画の参考になれば幸いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

代表ベネズエラ戦

まことにふがいない試合をしてしまいました。欧州組を欠くメンバーでの限界なのでしょうか?レギュラーを奪取するんだという意気込みに欠けるし、FWも点を取ろうという意識も低い。見ていて全く持ってつまらない試合でした。
FWー岡崎、大久保
MFー中村憲剛、遠慮、小笠原、稲本
DFー長友、闘莉王、中澤、徳永
GKー楢崎
前半、日本はボールを支配するが、連携が悪く無得点。わすがにあった見せ場は小笠原のシュートがGKにはじかれた場面と、小笠原のロングバスに岡崎が反応しGKと1対1になりかけた場面くらい。
後半に平山、佐藤寿人を投入するが曲面を打開するには至らず。イエメン戦ではハットトリックした眠れる大器平山ですが、チームとの連携が悪いのか、平山の動きが異様にスローモに見えました。どうも、平山の戦術理解度がイマイチなのも要因なのかもしれない。代表に残るには厳しい戦いが続きそうだ。
小笠原は確かに周りから比べると体調は良さそうだ。だが、それは周りとの比較であって、小笠原がこのチームに入っていき、王様として君臨するには、明らかにパンチ不足です。
まあシーズン開始前のこの時期のコンディションをとやかく言うつもりはない。しかし、昨日の試合の内容はお粗末と言わざるを得ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

代表国内4連戦

W杯イヤーを迎えた日本代表は、ブネズエラ戦と東アジア選手権の4連戦に臨む。今回は欧州組を招集しておらず、W杯本番を控えた「国内選考会」の趣がある。小笠原、平山ら新しい顔に注目が集まる。
代表はボランチより後方のポジションの多くは当選確実と言っていい。闘莉王、中澤、遠慮、長谷部は岡田監督の厚い信頼を得ている。左SBの長友もほぼ決まりか。
長谷部がいない今回は稲本の繰り上がりか?体調不良の内田に代わり、徳永もレギュラー獲得のチャンスだ。
一方、攻撃陣は予断を許さない。国内組では岡崎、中村憲剛が一歩リードしているが後は横一戦だ。中村俊輔がいないと品薄感が漂う。その中村俊輔もエスパニョールで出番を失い、体調不良でコンディションを整えられないでいる。控えの本田もいまだ強いインパクトを残していない。そこで二人の調子を見極めながら、有事に備え小笠原という切り札を手元においておこうという事になったのだろう。
ただ、これはチームのまとまりを阻害する要因にもなる。小笠原はピッチでは王様タイプで、ベンチに黙って座ってはいないだろう。万能の実力者をベンチにおいておくリスクは付きまとう。かといって中村俊輔と小笠原を同時にピッチに立たせるのはどんなもんか?英雄相並び立たずという事ですが。小笠原はここでの頑張りが、もう一人の王様を排除して、W杯のピッチに立てるかどうかの境目になりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

練習試合vs栃木SC(1/31@大原)

 全選手の契約が終わり、2次キャンプが開始されるまで大原でのトレーニングが行われるわけですが、今季を占う意味でもこの時期の練習試合は結構楽しみです。良い天気に誘われて大原まで行って来ました。しかし、結構な人出で、20分前くらいの到着でしたが、サポーターズカフェは満員で高速道路側のG裏に陣取りましたが、こちらもピッチの動線からのはずれ、予備のゴール越しの観戦で見難いことこの上無い。

P1020421_2P1020432_2 試合前、マシューは軽く ランニングして、引き上げて行きました。アフリカ人3人は、先頭はタンコ、サヌ、ファイサルの順番で走っていました。サヌは一番小さい、何故かタンコが一番頼りになるような感じですね。サヌは今日の試合は最後まで見ていました。ひょっとして今日の朝、日本に到着したのですね。御苦労さまです。また、達也も軽くジョキングをして引き上げていきました。ポンテはこの日は姿無しでした。

P1020431 1本目のスタメンは、
-----エジ------
-原口--柏木--セル--
---啓太---濱田---
宇賀神-岡本-堀之内-峻希
------加藤-----
 1番感じたのはセルが非常に目立っていたこと。スパイクが黄色なので、遠くから見ていても一目瞭然の動きの良さでしたね。特に、峻希と組んだ右サイドで高い位置取りから攻めが効いていました。またセルは守備でも、ねちこい守備をして自軍深くまで戻り、相手ボールを体格にものを言わせ奪うこともしばし、アリバイ守備とは無縁という感じがして、一皮むけた印象がありました。
 柏木に最初はなかなかボールが入りませんでしたが、徐々にボールにタッチしだすと、パス&ゴーでプレーは非常にシンプルですが、フリーランからスペースを作ったり、またボールを受けに回ったりと、今までの浦和にない感じのプレーを披露してくれました。柏木から出たボールをエジがシュートと決定機を演出していましたが、このパターンは後半もあったし、浦和の今年の武器になりそうですね。
 守備は、堀之内と岡本でCBを組んだのですが、ずるずるとラインを下げてしまい、右サイドから崩され、流れた折り返しを相手FWをフリーにしてクロスバー直撃のシュートをくらう。去年、さんざんやられたカウンターは簡単にはやられなかったが、そのこぼれ球をなかなか拾えず2次攻撃を喰っていた。修正点ですね。
 失点は原口の軽率なプレーから相手にボールを奪われると、峻希がファウルしてしまいこれがPKとなり失点。原口は、左サイドでボールを受け中に切れ込んでいくという得意なかたちを持っていますが、なかなか自分の形に持っていけない印象を受けました。少し心配でしたね。
 浦和の得点は、中盤で柏木がボールをキープして、右サイドにふって長い距離をフリーランニングして、リターンを右サイドで受け、中のエジへ、エジからセルにつないで綺麗な形で得点を上げることが出来た印象がありました。

P1020443 2本目は最初は1本目と変わりなし。柏木がキープ力を生かしてチャンスメイクする。中でキープして右に流れたエジにつなぐ、これは前半にも決定機を作っており、浦和の武器になるかと思います。そうこうしているうちに、控え選手が私の前でアップを始めました。福田コーチを中心に、体を動かしておりそちらに注意を奪われ注意力散漫でしたね。
 2本目の中盤で選手交代、
---高原--高崎--
--宇賀神---林--
--細貝---濱田--
堤-坪井-暢久-平川
-----山岸----
 相手チームも選手を代えてこともあり、プレスが甘くなった印象がありました。高崎は、スピードも結構ありますね。宇賀神が左サイドを抜け出して、中央フローの高原がヘッドを決める。

P1020452 3本目は、宇賀神に代わり永田に。高崎がCKからシュートを決めて3点目、これで勝負ありと思ったのか、この日フル出場の濱田に代えてGKの大谷投入。高原から大谷であわやの場面を作ってみせた。高崎が接触プレーで交代。26番が出てきたが、これは加藤でした。GKがピッチに2人とめったに見れないものを見せてもらいました。最後に左サイドからクロス上げられ失点。あれは堤はクロスを上げさせてはダメだ。

 柏木のプレーは可能性を感じさせてくれました。今日はエジとの相性の良さを感じました。セルは体も絞れており、このままいけばスタメンは固いか。一方、原口は精彩を欠いていた。1年前プレーと比べると思い切りの良さを感じない。そうもう少しゴールを狙ったプレーをしてほしい。啓太のプレーもいまいち、パスミス多いし、ミドルが枠を捉えられない。今年は若手の追い上げもあるだろうし厳しいシーズンになりそうだ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »