« 年末雑感 | トップページ | 箱根駅伝 柏原は反則! »

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年2010

本年もよろしくお願いします。天候も良く、のんびりとしたお正月を迎えられるのは何よりです。まったりと、天皇杯決勝を観戦というのは去年と全く同じです。

 G大阪vs名古屋は、終わってみれば4-1でG大阪の完勝でした。前半はG大阪ペースで、立ち上がりいきなり遠藤を起点にゴール前にパスが通り、最後にフリーとなったルーカスがやすやすとシュートを決める。その後は一進一退の展開となる。玉田、ケネディ、マギヌンと3チップ気味の名古屋は、前半終了前に、玉田からの柔らかいパスをケネディが折り返し、中村がヘッドを決め同点となり、前半終了。
 後半は、名古屋がペースを握るが点を上げられずに時間が過ぎる。でもさすがのG大阪でしたね。30分過ぎに、遠藤がボールを触ると左に切れ込み相手DFを交わして左足で見事なミドルを決める。同点にしようと前かかりになる名古屋に対して、嘲笑うようにG大阪のカウンターが炸裂する。明神が相手ボールをカットして、体を張ってパスをすると、3対1となり、完全に会う手を崩し切り、遠藤から正面でフリーの二川が楽々シュートを決める。また、ロスタイムには、中央でフリーで受けた遠藤がトラップからシュートを決める。
 名古屋にも十分勝機はありましたが、取るべき時間帯に得点出来なったのが敗因。その点、G大阪は堪える時間は堪え、一瞬のすきをついて得点をあげる、それもしっかりと自分達のかたちで得点をあげるのはさすがでした。やっぱ、G大阪は強い。G大阪と鹿島の2強時代という感じが強くします。

 さて、明日は箱根駅伝ですね。まったりとテレビ観戦です。

|

« 年末雑感 | トップページ | 箱根駅伝 柏原は反則! »

コメント

3点目の二川の駄目押し点はACLの浦和戦を思い出させるような完璧な崩しでしたね。
準決勝の仙台戦もですが、キープしようと思ったら普通にキープ出来るパスワークの凄さにG大阪の強さを感じました。

投稿: kobatake | 2010年1月 2日 (土) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2010:

« 年末雑感 | トップページ | 箱根駅伝 柏原は反則! »