« 今シーズンの振り返り③ | トップページ | 来期に向けて »

2009年12月10日 (木)

今シーズンの振り返り④

 秋口からの戦いを振り返れば、今年一年を象徴していた「不安定」という言葉に行きつくかと思います。守備を固めて、気持ちが前面に出て戦った川崎戦、瓦斯戦は完勝したものの、こうした戦いが継続できない。最悪だったのは、天皇杯初戦で地域リーグの松本山雅FCに負けたこと、スコアもさることながら、内容的にも完敗でした。
 密かに天皇杯は期待していました。組み合わせにも恵まれ、秋以降戦術的な部分も深まり、ひょっとして天皇杯はいけるじゃないかと期待していました。ところがとんだ恥さらしになってしまいました。
 やはり、バスによるコンビネーション・サッカーはこのメンバーでは厳しいものがあるのでしょうね。エジのワントップに、達也・高原がサイドからクロスを上げるのには違和感あったし、原口だってSHでなくFWを見て見たいし、直輝にしてもトップ下の方が良いだろう。そこへ阿部が上がっていくというパターンが見られればと思いました。また啓太に関して言えば、もう少し攻撃力がないと・・・・。相手に一番狙われていたのは、啓太の横パスだったと思います。SBに関して言えば細貝は不慣れなわりには頑張ったと思いますが、暢久・平川ももっと運動量を増やさないといけませんね。SBに起用された選手が足が攣って交代はあり得ないと思います。
 しかし、磐田戦ではラストプレーでエジのシュートが決まり、ACL圏内の4位まで順位を上げたが、結局残り2試合は連敗、勝ち点52の6位という結果に終わる。フィンケが就任した一年目を土台作りの年とすると、順当な順位かと思います。しかし、繰り返しになるが途中に少しながら期待を抱かせてくれたこと、終り方がしりすぼみに終わってしまったことを考えると、非常に不満が残る一年でした!
続く

|

« 今シーズンの振り返り③ | トップページ | 来期に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの振り返り④:

« 今シーズンの振り返り③ | トップページ | 来期に向けて »