« 第34節 鹿島戦 (12/5@埼スタ) | トップページ | 今シーズンの振り返り② »

2009年12月 7日 (月)

今シーズンの振り返り①

 山あり谷あり、ジェットコースターのような一年でした。様々な環境・要素を考えると、リーグ戦6位という結果は全く妥当なものでしょう。しかし、何となく割り切れず釈然としない部分も残ります。最終戦の後、選手・スタッフの先頭にたって場内一周をしたフィンケ、一年目の結果をステップにして二年目はどのようなことわやるのか期待します。
 フィンケ体制になり、浦和は今までのやり方を180度転換することになりました。フィンケの掲げるのは、パスによるコンビネーション・サッカーということでした。今までの浦和のサッカーはエメなり、ワシントンという絶対的エースがおり、縦ポンで前線に送りそれをエースに繋げば、後は彼らがどうにかしてくれる、あなた任せの前後分断の守備重視のサッカーでした。
 浦和のフロントは、その限界を理解して、またユースには原口・山田直ら有望な若手が育っており、彼らにも活躍の場を与えたいとすれば今までの路線を変更するしかない。そこで若手育成に定評のあるフィンケを監督に選んだわけです。しかし、ここ数年の実績から何で今までのやり方を変える必要があるのだという主力選手が出てくるわけで、フィンケ流のことばでは、政治くさい選手ということになるのでしょう。オジェックvsワシントンという対立構図になった。
 私は今季の一番懸念されることとして、フィンケと闘莉王の関係を上げました。その懸念が当たってしまいました。若手育成のフィンケと現状路線の継続の闘莉王、結果的には闘莉王は今年一杯で契約満了して退団ということになりました。やはりシーズン中でも、二人の間ではフツフツとマグマが沸き立っていたのかもしれません。
 そこの間に立つ調整役として期待されたのが信藤TDでしたが、夏場の補強でも目立つた結果を残せず病気による退任ということになりました。また、社長人事も既に三菱Gでは決まっていた事なのかもしれませんが、いきなりサッカー素人の社長に交代するという唐突感は否めませんでした。こうした不安を持ちつつシーズンに突入したわけです。

(続く)

|

« 第34節 鹿島戦 (12/5@埼スタ) | トップページ | 今シーズンの振り返り② »

コメント

正直なところ、他チームのもたつきが無ければ残留争いに巻き込まれたいたと思います。
8連敗した上に後半戦は連勝もほとんど無かった状態で最終節で4位の可能性もあったなんて、通常考えられませんからね。

今だから言うわけではありませんが、オジェックとワシントンを天秤にかけてワシントンを取ってゲルトが引き継いでいれば、もうちょっとマシなサッカーが出来ていた思います。
戦術無しのメンバー固定では限界だったかもしれませんが、まだまだ改良の余地は間違いなくありました。
全てはオジェックを選択したミスにより崩壊が始まったと思ってます。

投稿: kobatake | 2009年12月 7日 (月) 09:32

なるほどkobatake さんの言い分の十分分かります。しかし、難しいですよね。オジェックの後釜をえらんだはいいが、そのゲルトがさらにややこしい方向に持っていった。分からないものです。

投稿: ホイチョイ | 2009年12月11日 (金) 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの振り返り①:

» 医師・看護師不足情報! [医師・看護師不足情報!]
医師不足が深刻になっています!特に、地方では、医師不足のために、診療をやめざる得ない公立病院まで出てきました。地方では、医師だけでなく看護士などの医療に従事する人が不足しています。これからの医療のあり方について考えてみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 16:06

« 第34節 鹿島戦 (12/5@埼スタ) | トップページ | 今シーズンの振り返り② »