« 情けない話 | トップページ | 明日は鹿島戦 »

2009年12月 3日 (木)

南アW杯シード国決定

南アフリカW杯の組み合わせ抽選は4日に決定されるが、それに先立ち、シード国に相当する第1ポットが決定した。開催国の南アフリカ、スペイン、オランダ、イタリア、ドイツ、イングランド、ブラジル、アルゼンチンの8ヶ国が入った。
日本は他のアジア代表や北中米カリブ海代表と同じ第2ポットに入った。開催国の南アフリカはA組に入り、開幕戦を行う。その他の7ヶ国は10月の世界ランキングをもとに欧州上位5ヶ国、非欧州上位2ヶ国で決まった。
第3ポットにはアフリカ、南米勢が入り、それ以外の欧州の国が第4ポットに入った。前回準優勝のフランス、直近ランキングで5位のポルトガルはシードから漏れて、両国が入る組は最激戦区の「死のグループ」になる可能性が高い。今回のシードは分けは単純に世界ランキングだけを基準に選考した。また、それも直近の11月ではなく、10月のランキングをもとにしたため、イングランドはシード入りして、ポルトガルは第4ポットに回ることになった。スポーツの公平性を重視した結果とのこと。10月のランキングは世界で同時進行していたW杯予選の結果を反映したものだが、11月はプレーオフに回った国が余分に試合をした結果、ポイントを稼いで、順位を上げた面がある。

|

« 情けない話 | トップページ | 明日は鹿島戦 »

コメント

第1ポッドの最後の1チームがフランスなのかオランダなのか楽しみでしたが、個人的にはオランダでよかったです。
フランスはあんな勝ち方だし、試合内容もお寒いですからね。
圧倒的な強さで予選を突破したオランダがシードされるのは当然と言えば当然なんでしょう。
唯一、勝ちが計算出来そうなNZは同じポッドになってしまいましたね。
第1ポッドは仕方ないにしても、第3、第4ポッドのチームには勝たないと予選突破は難しくなりそうです。
ブラジルとは何かと縁があるような気がするんで、同じ組になりそうな気がするんですよね~。
第3がアルジェリア、第4がセルビア/スロベニア/スロバキア辺りならなんとか戦えそうな気がします。

投稿: kobatake | 2009年12月 3日 (木) 09:46

南アフリカ、パラグアイ、スロベニアを希望。フランス、ポリトガルと同組なら予選敗退必至。

投稿: ホイチョイ | 2009年12月 4日 (金) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アW杯シード国決定:

» 新たなコーヒーの世界をお届けします [アタベイ]
恐らく、高品質コーヒーと聞いて『アタベイ』を思い浮かべる方は少ないことでしょう。しかし、一度飲めば必ずその品質の高さがお分かり頂けるはずです。無料サンプルをお届けしていますので、ぜひお試し下さい。 [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 10:58

« 情けない話 | トップページ | 明日は鹿島戦 »