« U20代表戦 | トップページ | 年末雑感 »

2009年12月20日 (日)

CWC決勝戦

 エステデアンデスは金星を取り損ないましたね。後半44分に失点、これは痛すぎました。決勝点をあげたのは、やはりメッシ。今日の試合は全く消えまくっていましたが、こういう間面でしっかり、決勝点を奪う。しかも、普通あり得ない胸でのゴール。千両役者ということなのですね。
 エステデアンデスも、バルセロナに圧倒的にボールをキープしながら、ピンポントで合わせた先取点のクロスとか、オフサイドになったが終了間際のCKからのヘッドとか、ここぞという時もプレーはさすがと思わせるものがありますね。でも、サッカーの面白さというと、魅力的なサッカーろは言い難い。
 バルセロナの攻めは、イブラヒモビッチをCFに、右がペドロ、左がアンリの3トップで、アンリ、ペドロがサイドで1対1を作って、ゴールライン深く切り込み、マイナス気味のクロスに、イブラヒモビッチの裏から2列目の選手が詰めてくるというパターンか。今日はイブラヒモビッチとメッシは不調。イニエスタを使わなかったのは何かわけでもあったのでしょうか。面子から見ればバルセロナが圧勝してもおかしくないが、接戦にもっていく南米代表のしたたかさはさすがといわざるを得ませんね。

|

« U20代表戦 | トップページ | 年末雑感 »

コメント

エステデアンデスの守りもよかったけど、ルーズボールがことごとく拾われていたような気がするので、バルサは運がなかったような気もします。
でも、最後の最後にペドロのところに落ちてくるところ(ピケが競り勝ってましたけど)がやっぱり強さなんでしょうね。
メッシの胸シュートもだけど、自分はバルデスの神セーブが一番凄いと思いました。
オフサイドでしたけど、あれをワンハンドで止めるとは!

投稿: kobatake | 2009年12月20日 (日) 23:45

イブラヒモビッチにアンリ、ならばエトーにロナウジーニョのほうがバルサぽいですね。

投稿: ホイチョイ | 2009年12月21日 (月) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CWC決勝戦:

» FIFA CWC 決勝 「エストゥディアンテス - バルセロナ」 [Brilliant World]
FIFA クラブワールドカップ 決勝 「エストゥディアンテス - バルセロナ」 1-2 バルサ逆転で、 初のクラブ世界一。 そして2009年は6冠。 【エストゥ】 マウロ・ボセッリ     エンソ・ペレス ベロン             ベニテス... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 19:26

« U20代表戦 | トップページ | 年末雑感 »