« それはないでしょう! | トップページ | わがままな注文! »

2009年11月 6日 (金)

ACL決勝戦

ACLの決勝戦、アルイテハドvs浦項が明日、国立競技場で一発勝負で行われる。本場の欧州CLをならって今季から改革を進めてきたが、どんな収穫があったのか?
クラブの法人化など参加資格のハードルを上げ、参加チームも32として間違いなく大会のレベルは上がった。特に中東勢のモチベーションは凄いようで、ACLが1番価値がある大会と認められるようになった。テレビ中継も増えた。またその変化は観客動員にも表れている。予選リーグの総入場者数は68万人から103万人へと約35%増加した。イラン、中国、インドネシア、サウジアラビア、ウズベキスタンそして日本、韓国となる。日本勢の平均入場者数は9760人で一万人を切っているのはいかにも寂しい。やはり浦和が出ていないのが痛い?
しかし、カタールのように金を払って観戦する習慣がないところは裏目に出ている。また、UAEでは降格をしそうな国内リーグを優先し中途危険するチームが出た。また、審判の質は明らかにレベルが低い。向上を望みます。
東アジアでは日本、韓国、中国の参加チームが4で、ベトナム、インドからの新規参入も今後の課題です。また、今回から欧州CLをまねて決勝を一発勝負としたが、来年の開催地はまだ未定、JFAは今回の決勝で2万人の観客集客を目標に掲げていますが微妙なようですね。余りに人が集まらないようだと見直しの議論も出てくる。
 しかし、7日はTVの生中継さえ無し。日本シリーズに、フィギアのNHK杯、遼くんのHSBC杯、これだけ重なれば、たとえ日本チームが出場しても視聴率は取れない。なんでゴールデンでやるんだ?14:00くらいのキックオフで良かったのでは?

|

« それはないでしょう! | トップページ | わがままな注文! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL決勝戦:

« それはないでしょう! | トップページ | わがままな注文! »