« W杯出場32ヶ国決まる | トップページ | 第32節 磐田戦(11/21@埼スタ) »

2009年11月21日 (土)

速報磐田戦

試合スケジュールもスカサカ、マスゴミのくず情報に踊らされ、イマイチテンションが上がらないなか、欠場者も目立ちます。早くもストーブリーグモード全開という感じです。しかし、優勝は厳しいよしながらACLの出場の可能性はまだ残っているわけです。
 スタメンは
FWーエジ、達也、高原
MFーポンテ、阿部、啓太
DFー細貝、闘莉王、坪井、平川
GKー山岸
サブは都築、濱田、暢久、近藤、西澤、林、セル。主審、奥谷。
 前半、浦和はエジの1トップ、ボールは良く動く。両サイドに起点を作り続ける。サイドから良い型を作る。中盤テンボ良くパスを回して、左サイドでフリーで受けた高原からファーのエジへ、エジのヘッドはコース良くゴールイン。
 磐田のパス回しは稚拙、自軍からビルトアップ出来ず、プレゼントバス場面も再三あり。しかし、こから有効なショートカウンターが出来ない。磐田はこんな調子だから前田が戻ってきてパスを受ける場面多いから攻撃の恐さはない。イグノも駒野のクロスにヘッドを打った場面くらい。
 後半、立ち上がりに集中力を欠く悪癖が出る。右サイドでかぶり村井から中央でフリーの前田に決められる。また、続けてFKからノーマークのヘッド、跳ね返りをフリーの前田に決められ逆転。集中力を欠いたプレーでした。
 しかし、今日は点を取るんだという気迫にあふれていた。高原、達也が前から一生懸命にボールを追う。途中交代の暢久、セルが利いていた。暢久から再三いいクロスが上がる。
セルが左サイドで粘り、中央の闘莉王に、闘莉王のショートはポストに当たるが跳ね返りをエジが決める。ここで、引き分けは無いと思った。前田かエジが決めて決着をつける。最後はロスタイムにエジが、ラストプレーでポンテのシュートのこほ゛れ球を突き刺して試合を決める。

|

« W杯出場32ヶ国決まる | トップページ | 第32節 磐田戦(11/21@埼スタ) »

コメント

運転中だったんで、NACK5で聞いてたんですが、同点に追いつく前辺りから怒涛の攻撃だったみたいですね。
エジにはこういう活躍を1年目から期待していた、というかこれこそが本当の助っ人外人の働きぶりのはずなんですけどね。

3位の望みがまだあるんですが、厳しいですね~。
東京も連勝すると得失点差の関係で負けそうですし。
自分は浦和が3位に入りつつ、鹿は優勝を逃すのが最高のシナリオなので複雑です。
次節はG大阪と鹿が直接対決なんですけど、浦和の3位のためには鹿に勝ってもらうしかないのか・・・。

投稿: kobatake | 2009年11月22日 (日) 00:59

浦和はとにかく4位を死守して、天皇杯は鹿島、川崎、G大阪に頑張ってもらいましょう。

投稿: ホイチョイ | 2009年11月22日 (日) 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報磐田戦:

« W杯出場32ヶ国決まる | トップページ | 第32節 磐田戦(11/21@埼スタ) »