« ICカードリーダー購入 | トップページ | 第31節 FC東京戦(11/8@味スタ) »

2009年11月 8日 (日)

速報瓦斯戦

 ナビスコ・チャンピオンの瓦斯の胸を借りるというもべき一戦なのでしょうね。一応昨日のACLにもコメントしたいのですが、FKでポハンが先制したとこまでしか見ていないので何とも言えない。でもしかし、今日の味スタジアム入場、優しすぎです。入場口を二つ設けてのあっと言う間の入場、こんな味スタには来たくない。しばしの読書タイムとなる。デジカメを持ってくるのを忘れました。スタメンは
FWーエジ、達也
MFー梅崎、原口、阿部、啓太
DFー細貝、闘莉王、坪井、峻希
GKー山岸
サブは都築、濱田、暢久、平川、ファイサル、高原、セル。直輝は何故かベンチにもいない。主審、西村。
 前半、お互いに退屈な展開。瓦斯は前目の選手の判断が遅い。毎度のことながら平山は攻撃の終着点。浦和も毎度のことながら攻めた時の前へのパスがない。最終的には横バスでアバウトに前線に放り込むだけで攻撃の型が全く出来ていない。
瓦斯は右から崩し赤嶺のヘッドに会えばというとこと、左から上がってきた今野にボールがわたった場面が目立ったくらい。
 後半、立ち上がり浦和の良い攻めが出る。梅崎→達也と繋いでラストバスは左に流れるが、それを拾った細貝のクロスをエジがヘッド。その後、原口→峻希からの右クロスをエジが落ち着いて決める。
 その後、原口が2枚目のイエローカードをもらい退場。西村の判定はようわからない。
しかし、結果すればこの退場が浦和には吉とでる。数的不利となったが、全員でボールを追い最後まで集中力は切れず。逆に引いた浦和に瓦斯は有効的な攻めできずサイドからの放り込みばかり。山岸のセーブと阿部の運動量が目立つ。しかし、終盤でボールをキープすべき場面で出来ないのは、ちと痛い。内容的には、決定機をきっちり決められた分だけで勝った。決して面白い内容ではなかった。

|

« ICカードリーダー購入 | トップページ | 第31節 FC東京戦(11/8@味スタ) »

コメント

浦和の試合は本当に読めませんね。
勝てる気がしなかった川崎や東京に勝ったり、負けんだろうと思っていた大宮に大敗したり、結果にムラがあり過ぎる。

ホイチョイさんのレポートを見る限り、今節も劇的な変化は無かったみたいですね。
今シーズンは最終節までこんな感じになりそうですね。

投稿: kobatake | 2009年11月 8日 (日) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報瓦斯戦:

« ICカードリーダー購入 | トップページ | 第31節 FC東京戦(11/8@味スタ) »