« 事業仕分け | トップページ | 代表アジア杯香港戦(11/18 @香港) »

2009年11月18日 (水)

大分ピンチ!

 いや非常に厳しい状況に追い込まれてしまいました。運転資金2億円不足をJの基金から借入るようでしたが、なんと借入は6億円!もはや末期的症状。債務超過に陥っているのは依然からの話でしたが、来期の運転資金まですでにつぎ込んでしまって、7~8億円の債務超過に陥るようですね。運転資金が不足して、なおかつこれだけ巨額の債務超過を計上したらゴーイング・コンサーンとして生きて行く道はない。
 「カンブリア宮殿の呪い」とでもいいますか、カンブリアで名経営者として持ち上げられたM社長も、アイデアあるが会社の決算状況を把握できないとすれば経営者失格。メイン・スポンサーをパチンコホールのMにこだわったのもまずかった。上場できないのはパチンコ・ホール業だけですから、その理由を良く考えれば、M社に義理を立てるそういう決断はなかったはず。あと小室関係の怪しげな企業にスポンサーになってもらう、今から考えれば何をか言わんやです。
 ただ金融円滑化法の制定で、取引銀行にリスケを申し出れば何とかなるか?大分のメインバンクはどこだ?しかし、入場料がメインである、つまり日銭商売で運転資金に事欠き多額の借金をすれば、借入先から借金の返済を求められればアウトです。あとは、大分県なりの地方公共団体からウルトラC的な支援が無ければ完全にアウトです。仮に、大分が消滅するとなると九石ドームは無用の長物になる。ウルトラCが全く無いとう言えない気がします。でも、J2で3位に入り、Jからの借金を返済する、そいて債務超過を解消する。J1復帰は大変な道ですね、というかほぼ不可能な条件と思わざるを得ません。この報道を聞いて選手はどう思う。

|

« 事業仕分け | トップページ | 代表アジア杯香港戦(11/18 @香港) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分ピンチ!:

« 事業仕分け | トップページ | 代表アジア杯香港戦(11/18 @香港) »