« 明日は京都戦 | トップページ | アルピノネオン »

2009年11月28日 (土)

第33節 京都戦(11/28@西京極)

P1020850  不安定な戦い、今シーズンを象徴しているかのような1戦でした。戦術と気持ちのバランスが崩れている。勝ちたいという気持ちは伝わってくる、ボール回しもリスクを負ったところへのパスを回すようになっている。そういう意味では進歩は確実にしていると思います。しかし、結果が伴わない。夜明け前が一番暗い。7連敗していたころが夜明け前とすれば、夜明けは来たと思えるのですが、結果がついてこない。何か糞ずマリのような感じですね。
スタメンは、
-----エジ-----
-達也-ポンテ--高原-
---啓太---阿部--
細貝-坪井-闘莉王-平川
-----山岸-----
 サブは、都築・濱田・暢久・直輝・セル・林・原口。スタメンは前節と同じ。主審は松尾。
前半、前からのプレスも効いて浦和が中盤を制して浦和のペース。柳沢、林に裏に抜けられデイエゴが絡んでくと京都の攻撃は厄介だが、これもはぼ封殺。中盤のルーズボールも拾えて、右サイドを中心にチャンスを作る。前目でボールを奪えるから、追い越していく選手がやたらと目につく。運動量もいつもより多い印象。
 ボール回しも、リスクを負ったところへの前へのパスを通るようになる。しかし、決定的なシュートが打てない。京都は、イジョンスをSBにしているが、中央の守備が固い。前節ハットトリックをしたエジは集中マークを受ける。その裏をついて、達也、高原がPA内からサイドをついてクロスをあげる場面もあるが、京都の厚い中央の守備に跳ね返される。啓太→高原のヘッド、右クロスから高原の振り向きざまのシュートは、タイミング・コースといい完全に決まったにおもえたがノー・ゴール。

 後半、立ち上がりに阿部からエジがあったがこれまた決められず。浦和のパス回しは進歩があると思います。パス回しのためのパスでなく、連動してゴールを目指すという意思はかんじられます。ただ、最後のシュートのところがうまくいかない。失点も、なんか適当に上がったクロスに柳沢と坪井がかぶって、その裏からきた選手に決められる?何か釈然としない失点。そのご、浦和は、直輝・原口・セルと若手を出して攻撃にでるが、中央を固めた京都にまんまと逃げ切りを許す。
 

|

« 明日は京都戦 | トップページ | アルピノネオン »

コメント

優勝は最終節までにもつれ、鹿の優勝はレッズ次第となったのですが、どうしても鹿に勝てる気がしない。
後半戦はなぜか勝てないと思っていた上位陣に勝ち、負けるはずが無いと思っていた下位チームに負けることが多かったが、それでも今の内容で鹿島に勝つのは至難の業でしょう。

大宮、また残っちゃいましたね~。
残留争いも最終節までもつれれば、ドラマチックだったんですけどね~。

投稿: kobatake | 2009年11月28日 (土) 22:02

ガンバが負け今日勝っておけば、もしかしたらACLも!という願いもなくなり、最終節で鹿島の優勝をみることになる可能性が。それだけは勘弁してほしい。エメのゴールの再来を期待したい。

投稿: さいもん | 2009年11月29日 (日) 10:09

目の前で鹿島の優勝を見る。そんなことは嫌だ。もしそうなったら、鹿島の優勝セレモニーのあとに、選手の場内1周があるわけ?仮に、鹿島の優勝セレモニーをやるんだったら、南の広場ででもやって欲しい。

投稿: ホイチョイ | 2009年11月29日 (日) 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第33節 京都戦(11/28@西京極):

« 明日は京都戦 | トップページ | アルピノネオン »