« 明日は大宮戦 | トップページ | 第30節 大宮戦(10/25@埼スタ) »

2009年10月25日 (日)

速報栗鼠戦

リーグ戦しか今期は残されていない浦和にとっては、残り5試合は来期につなげる意味からしても非常に重要かと思います。目の前の試合を一つずつものにしていく。結果は後からついてくる?毎度お決まりの降格争いに巻き込まれている栗鼠も、今日勝てば柏との差が9点となり、残留に向けては大きなアドバンテージを得るので必死になってくるはずです。
スタメンは
FWー高原、達也
MFーポンテ、原口、阿部、直輝
DFー細貝、闘莉王、坪井、暢久
GKー山岸
サブは大谷、堀之内、宇賀神、平川、峻希、梅崎、セル。啓太は故障のためか欠場、エジは累積警告で出場停止。主審、扇谷。
前半、立ち上がり闘莉王と坪井の間にポッカリと穴が開き、ラファエルが山岸と1対1になるが。山岸が何とかセーブ。落ち着かないDFライン。しかし、また中盤から縦パス一本で鮮やかに抜けだされて失点。なんで同じ手を食うかね?
浦和の攻めは選手の足元にパスが通るだけ、全然恐さがない。中途半端にDFラインが上がり、裏をつかれてカウンターを許すだけ。スペースを消す大宮の戦略にはまる。そのうち、調子か上がらないポンテがいらついて、2枚イエローカードをもらい退場。ポンテ退場したあと運動量が上がるが、それを継続出来るか?
後半、立ち上がりは互角の展開だったが、やはり足がとまりだすと大宮のペース。ゴール前でラファエルをフリーにしてミドルをくらい失点、あれだけフリーにすればだめだわな。セル、梅崎を入れるが周りが疲労困憊しては打つ手無し。攻めも守りもバラナラ、松本山雅戦よりひどい出来、攻めにはやりミスを犯し決定機作られるが大宮のミスに助けられる。最後3点目入れられ終わり、多くの皆さまが帰途につく。
同じミスを2回したら、致命傷になる。立ち上がりのラファエルにやられたプレーしかり、ポンテが犯したイエローしかり。

|

« 明日は大宮戦 | トップページ | 第30節 大宮戦(10/25@埼スタ) »

コメント

負けたけど、あまり悔しくなかった。得点は全て取られるべくして取られた得点でしたし、大宮はいいサッカーをしていた。それにしても今まで何度となくやられているのに全く学習能力がないのは不思議。これって戦術上仕方ないのですかね?坪井が闘莉王が振り切られる。大宮の攻撃は非常にシンプルで見ていてすがすがしかった!レッズは1人少ないのに全くそれを感じさせないようなゆったりとした攻撃。相手陣内に入ってファールもらっても、簡単にパスから始め、フリーキックでゴールを狙うこともほとんどなく、得点の匂いは全くなかった。見ていて腹が立つ、負けて当然の試合でした。サポーターもやっとブーイングしてましたが、ベンチに引き返す選手から悔しさを表す選手は全く見られなかった。もっともっとブーイングすべきです。誰か坊主になる人はいるのか?正直監督の目指すべきサッカーに??を感じざるを得ません。
先週、たまたま勝てた。あんな得点まぐれですよ。勝ったからいいやと思ってるんなら、勘弁してほしいですね。プロなんですから!
来期はかなりレッズの観客は減りますよね。

投稿: さいもん | 2009年10月25日 (日) 23:47

ポンテが退場する前から話にならなかったんで、退場になっても
(引き分けはあっても、勝ちはなくなったな)
とは思ってましたが、ハーフタイムを挟んでも全く変化無し。
いったい、どういうことなんでしょうか?
結果は仕方ないにしても、内容的には90分を通して全くダメダメなのはどうにかならないもんなんでしょうか?
ハーフタイムは単なる休憩?
最近は全く先が見えなくて、ため息しか出ません。

投稿: kobatake | 2009年10月26日 (月) 02:21

見ていて溜息しかでない試合でしたね。春先から全く進歩なし。春先が浦和のピークだった?全く歯がゆい1年でした。

投稿: ホイチョイ | 2009年10月26日 (月) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報栗鼠戦:

« 明日は大宮戦 | トップページ | 第30節 大宮戦(10/25@埼スタ) »