« MP3買替 | トップページ | 16年夏季五輪 »

2009年10月 1日 (木)

ACL準々決勝

ACLの準々決勝の第二戦が行われ、日本勢同士の対戦となった名古屋vs川崎の一戦は、名古屋が3ー1で川崎を下し、通算1勝1敗、2戦合計4ー3として準決勝への進出を決めた。
両チームとも慎重なゲーム運びでしたが、名古屋が小川のミドルで先制すると、試合は一気に動く。三都主のクロスを吉田が合わせ名古屋が追加点。川崎もその直後左サイドからレナチーニョが突破し、テセが決めて、2戦での合計スコアが3ー3となる。
後半に入るとゲームは硬直状態となるが、終了間際にマギヌンのシュートがこぼれたところをケネディが決めて、名古屋が勝ち越しそのまま試合終了となる。
川崎は一昨年に続きベスト8での敗退。後半半ばから足が止まり、自慢の攻撃陣が機能しなくなる。数字でも名古屋は後半12本を放ったが、川崎は3本だけだった。レナチーニョと田中の攻防が鍵でしたね。
名古屋の対戦相手は中東勢で今日決まる。浦項はブニョドコルに競り勝ち、ウンサムルがFCソウルに勝った。

|

« MP3買替 | トップページ | 16年夏季五輪 »

コメント

名古屋の相手はアルイテハドに決まったみたいです。
日本の代表なんで応援したい気もありますが、さすがにここまでじゃないですかね。
ブニョドコルは代表で戦ったジェバロフやリバウドを見てみたかったんですけどね。
ウム・サラルの2トップはマグノ・アウベスとダヴィ。
決勝まで上がってきそうな気がします。
決勝予想はアルイテハド×ウム・サラルで。

投稿: kobatake | 2009年10月 1日 (木) 09:36

ウルサラムの2トップはマグノ&ダビィなのですか。それは面白ろそうです。決勝戦は国立までいこうか、という気になります。

投稿: ホイチョイ | 2009年10月 4日 (日) 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL準々決勝:

« MP3買替 | トップページ | 16年夏季五輪 »