« 鹿島5連敗 | トップページ | 松本アルウィン遠征計画 »

2009年10月 9日 (金)

代表アジア杯予選香港戦

アジアカップカタール大会の予選の香港戦がアウトソーシング・スタジアムで行われた。日本代表は、6ー0で完勝した。
主力組を先発させた日本は終始、ペースを握り前半岡崎が長谷部のスルーパスから抜け出し先制。岡崎のシュートの跳ね返りを長友が右足で蹴りこんだ。
後半は、中澤・闘莉王がともにCK崩れの形で加点。さらに岡崎が終盤に得点を連取してハットトリックを達成した。
不覚は許されない格下相手に常連組で先発メンバーで固めました。しかし実際は拍子抜けでしたね。香港は自軍ゴール前でボールを持たせてくれた。序盤で力を見切った日本は、集中力を切らさず戦い抜いた。課題とされたサイド攻撃も、GKとDFラインの間に低いクロスが放り込まれ、それにFW陣がしつこく飛びこんだ。なかなかうまくはいないが新しい得点パターンが芽生えたのは最大の収穫だろう。
岡崎はハットトリックでFW陣では抜け出した感じはある。前田、森本はこの日は出番はなし。明日からのキリン杯のスコットランド、トーゴ戦を見据えての事と思います。新しく召集されたメンバーの出番はこれからだと思います。前田、森本に本田、石川らが出る事になるのでしょうか。これはこれで興味が沸きます。

|

« 鹿島5連敗 | トップページ | 松本アルウィン遠征計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表アジア杯予選香港戦:

« 鹿島5連敗 | トップページ | 松本アルウィン遠征計画 »