« 埼スタ到着 | トップページ | 第28節 千葉戦(10/3@埼スタ) »

2009年10月 3日 (土)

速報千葉戦

いまいち調子に乗り切れない浦和。降格争いの千葉との一戦です。ACLライン残るには負けられない。
スタメンは
FWーエジ
MFー梅崎、ポンテ、原口
CHー啓太、阿部
DFー細貝、闘莉王、坪井、峻希
GKー山岸
サブは加藤、堀之内、宇賀神、直輝、平川、高原、達也。暢久は累積警告でお休み。主審、佐藤隆。
前半、ピッチが水を含んでいるのか足を取られまくりで、ミスが多い。梅崎のミスしたボールを拾われ、一旦は坪井が防いだかに見えたが、後ろから上がってきた深井に決められる。横浜戦と同じ立ち上がりでピリッとしない失点。その後、阿部がFKを決めて同点。
ピッチ状態が悪いせいか双方ミスが多い。なかなかパスが繋がらない浦和はDFラインからのロングボールに頼るが。、守備を固めた千葉のラインを破れない。峻希は積極的なプレーをする。梅崎ミス多く不安定。
後半、梅崎→達也でボールのまわりは良くなりだす。中央でのパス交換から阿部のシュート、左サイドからエジのヘッド、エジのポストプレーからポンテのシュートと決定機を決められない。浦和も千葉も足が止まりだす。千葉が深井を下げてくれたのは謎。
浦和も、啓太→高原で点を取りに行く。ポンテのFKから闘莉王が落としたところをエジが勝ち越しゴールを決める。最後は、エジが落としたボールを峻希が豪快に決める。
後半の立ち上がる、達也が入ってからの戦いには進歩を感じた。しかし、決めるべきところを決められないのはいただけない。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第28節 千葉戦(10/3@埼スタ) »

コメント

本当に双方ミスの応酬でしたね。
浦和は中盤でのミスだけど市原はフィニッシュのミスが多かったので助かったような気がします。
最初のミシェウの交代で深井がトップに上がるのかと思ったら、工藤がトップに入ったのが謎でした。
その後、市原の攻撃の起点だった深井が下がってホットとしましたよ。
2点目を先に取ったのが勝因でしょう。
巻のクロスバー直撃のシュートとか完全にやられてましたからね。
特に先制点なんか、敵ながらほれぼれするワンタッチパスからゴールでした。
あれを浦和にやってほしいんだけど・・・(途中にポンテが絡んだら、絶対にドリブルしそう-_-;)

投稿: kobatake | 2009年10月 4日 (日) 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報千葉戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第28節 千葉戦(10/3@埼スタ) »