« 日本郵政社長交代 | トップページ | 明日は大宮戦 »

2009年10月23日 (金)

ACL準決勝 名古屋vsアルイテハド

 日本時間で6時から、BS朝日の中継があった。出勤前の時間帯でしたが、出勤の準備をしつつ、さらりと前半だけ見ました。前半、開始早々、名古屋DFは退場になってしまった。すまん、この時点ではまだ起きていなかった。でも、一人少ないとは思えないような攻めで、ケネディと中村のシュートで。2-1と前半終了した。ここで、私は会社へ向けて出勤しました。前半の出来をみていると、中盤のプレスが効いており、一人少ないハンデを感じさせないな出来で、非常に期待の持てる試合内容でした。
 しかし・・・・・・・・、結果は2-6の大敗。前半の飛ばしすぎがきいたのですかね。ロスタイムの連続2失点が痛かった。あれが無ければ、2ndレグは2-0で勝ちか上がりだから、まだ十分に可能性はあった、4-0以上は現実的には非常に厳しい結果となってしまった。日本勢の3連覇はほとんどなくなりましたね。

|

« 日本郵政社長交代 | トップページ | 明日は大宮戦 »

コメント

つくづくあの準決勝の平川の左足PKは奇跡だったんだと思えますね。あれ見たら今のレッズは何だか…。

投稿: さいもん | 2009年10月23日 (金) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL準決勝 名古屋vsアルイテハド:

« 日本郵政社長交代 | トップページ | 明日は大宮戦 »