« 赤霧島09年発売近づく! | トップページ | 見所満載 »

2009年10月17日 (土)

第29節 新潟戦(10/17@東北電力ビッグスワンスタ)

File0008  前週あまりな試合を行い、精神的なショックをひきづっているかが今日の試合のポイントでした。また、怪我人がでて右サイドは堀之内が努めるという厳しい布陣。闘莉王・阿部の頑張り、守備陣が集中を切らさずにいけるかですね。リーグ戦しかないわけですから意地を見せてほしい。
File0027 スタメンは、
---エジ-----達也---
-原口-啓太--阿部-ポンテ-
-細貝-坪井-闘莉王-堀之内-
-------山岸------
 サブは、大谷・平川・濱田・宇賀神・直輝・高原・梅崎。右サイドはとにかく守備をきっちり固めて、新潟のジウトンを納める、達也・エジの2トップの奮起にも期待します。主審はミクルスキ(ポーランド人)。
 前半は、立ち上がりいきなり新潟守備陣のGKのバックパスが緩いのをエジがさらい、さらにGKもかわして、最後がDFともつれあうようにシュートを決める。今まで対戦相手にミスから立ち上がりに失点という場面は何度となく見せられてきたが、今日は浦和が逆の展開を行う。
その後もしばらくは浦和のペース。テンポよくダイレクトパスがつながり、相手ゴールまでつながるがゴールは奪えないっという展開が続く。しかし、今日は右サイドの堀之内が本職でないということもあり、浦和の両サイドの位置は低めで、前目の4人でチャンスメイクして、それに、啓太か阿部のどちらかが絡んでいくという展開。守備に関して言えば、全員の集中が効いていました。中盤で必ず誰が相手にプレスをかけにいき、ボランチを簡単に前を向かせない。そうなると、新潟のキープレーヤーであるマルシオに良いパスが全く供給出来ない。マルシオに対しては啓太か阿部が目を光らしているという感じでした。とにかく、守備に関しては全員の意思がTV画面を通しても伝わってくるような迫力を感じました。
 しかし、新潟も前目からプレスをかけ、攻守の入れ替わりが激しい展開となる。FKから、マルシオと山岸がもつれ、山岸がこぼしたボールをマルシオに決められたかに見えましたが、GKチャージでノーゴール。また、坪井のGKへのバックパスを松下に拾われ、山岸と1対1になる大ピンチも山岸のセーブに救われる。後から考えれば危ない場面はこの2つくらいでしたかね。これ以降、前半は新潟のペースとなり押し込まれる場面となりましたが、ポンテまで守備に懸命に自軍までもどって、守備に奮闘する姿が目立ちました。心配された。堀之内の右サイドでしたが、大きな破綻もなく、時折堀之内は右サイドを駆け上がる場面もあり、これも与えられたタスクをこなそうとするチームの必死さを感ぜざるうを得ませんでした。ポーランド人の主審は接触プレーに厳しく、浦和はポンテ・エジがイエローをもらいました。後半、達也がもらった場面では2枚ではないかと思いびびりました。
 後半に入っても、浦和の集中力は途切れることはありませんでした。啓太は前半で故障?で直輝と交代、直輝も持ち前の運動量で浦和の中盤を構成する。阿部が効いていましたね。後半の半ば以降から両チームとも足が止まり、中盤にスペースが出来てきましたが、今日は阿部の出来が出色でしたね。感の良い読みで新潟の攻めをストップしていました。後、やはり闘莉王、闘莉王がいると前線にボールを回す時でも安心して見ていられる。さすがに、日本代表という感じのプレーでした。
 直輝に効果的にボールが集まり、後半は浦和の展開でした。しかし、ゴール前までせまるが、追加点はとれず。この課題は相変わらずのままのようです。浦和は、なれないサイドの上下動で堀之内の足がつって名誉の負傷交代?(でも足が攣っての交代はプロとし ては??ですが)平川交代。また、達也→高原で時間稼ぎ要員ですかという感じで、CK付近でエジと高原でボールキープはお決まりのプレーですか。
 新潟もミスが多く、それに助けられた感はありましたが浦和の集中力は途切れることはなかった。でも、新潟の攻めがあまりにもでしたね。マルシオを抑えられると、一気に攻めFile0031てがなくなってしまうのですね。矢野、大島も前線からの守備要員で攻めにはまるで役立 たず。後半の唯一の絶好期も、矢野が右サイドのドフリーの松下を見えていないのかというような無理なシュートをうっているようでは得点は出来ない。そんな新潟の攻めにも助けられたが、とにかく無失点で抑えたことは大きな収穫でした。P1020254この集中力が持続することを期待したいのですが。さて次節は大宮戦です。大宮の降格圏内に一歩手前、このままいくとやばいので必死になってくるでしょう。こういう相手をいかにいなすことが出来るか。それが出来ればACLの道が広がってくるような気がしてなりません。ポンテの調子も戻りつつありますね。

|

« 赤霧島09年発売近づく! | トップページ | 見所満載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第29節 新潟戦(10/17@東北電力ビッグスワンスタ):

« 赤霧島09年発売近づく! | トップページ | 見所満載 »